ヴァル・マクダーミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァル・マクダーミド
(Val McDermid)
ValMcDermid.jpg
誕生 (1955-06-04) 1955年6月4日(62歳)
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
活動期間 1987年 -
ジャンル ミステリ
主な受賞歴

ゴールド・ダガー賞
1995年 殺しの儀式

フランス犯罪小説大賞
1998年 Star Struck
デビュー作 "Report for Murder"
公式サイト http://www.valmcdermid.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ヴァル・マクダーミドVal McDermid1955年6月4日 - )は、スコットランド出身の女性推理作家。代表作はトニー・ヒル博士が主人公のサスペンス小説のシリーズ。

経歴[編集]

スコットランド東部、ファイフカークカルディ英語版出身。地元の公立カークカルディ高校卒業後、オックスフォード大学セント・ヒルダ・カレッジで学ぶ。卒業後はジャーナリストとなり、劇作家だった時期もある。1987年、リンゼイ・ゴードン・シリーズの第1作『Report for Murder 』を上梓し注目される。

作品概要[編集]

マクダーミドの著作に登場するキャラクターで有名なのは、レズビアンのジャーナリスト、リンゼイ・ゴードンや、私立探偵ケイト・ブラナガン、性機能障害に悩む心理学者トニー・ヒルなどである。1995年に始まったトニー・ヒル&キャロル・ジョーダンシリーズの第9作『殺しの儀式』(原題:The Mermaids Singing )でCWA賞ゴールド・ダガー賞を受賞する。暴力描写などが特に優れているとされる同シリーズは「ワイヤー・イン・ザ・ブラッド」のタイトルでテレビドラマ化された(出演はロブソン・グリーンなど)。

マクダーミドの作品はタータン・ノワールと呼ばれるスコットランド風のミステリとされる[1]。新聞に小説以外の記事を寄稿したり、BBCラジオ4やBBCラジオ・スコットランドに出演することもある[2]

ハーパー・リーの『アラバマ物語』を好きな小説の一つに挙げている。また、ディテクションクラブのメンバーである。

マクダーミド・スタンド[編集]

スタークス・パークの左側に見えるのがマクダーミド・スタンド

地元カークカルディのプロサッカークラブ、レイス・ロバーズ英語版のスタークス・パークに、マクダーミドが出資したマクダーミド・スタンドがある。新刊を出す時には度々看板に広告を出し、同クラブのスカウトを務めていたマクダーミドの父親はその試みを光栄に思っていた[3]。スタンドのスポンサーになった翌年、クラブの取締役会の1人になった。

私生活[編集]

マクダーミドはレズビアンである。人工授精で授かった息子キャメロンの後見人を前パートナーと務めている。レイス・ロバーズのサポーターである[2][4]。現在は3匹の猫とマンチェスターノーサンバーランドに暮らしている[5]

作品リスト[編集]

シリーズ作品[編集]

リンゼイ・ゴードン シリーズ
  • Report for Murder (1987)
  • Common Murder (1989)
  • Final Edition (1991)
  • Union Jack (1993)
  • Booked for Murder (1996)
  • Hostage to Murder (2003)
ケイト・ブラナガン シリーズ
# 邦題 原題 刊行年
イギリスの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
1 ロック・ビート・マンチェスター Dead Beat 1992年 1998年4月 森沢麻里 集英社文庫
2 Kick Back 1993年
3 Crack Down 1994年
4 Clean Break 1995年
5 Blue Genes 1996年
6 Star Struck 1998年
トニー・ヒル&キャロル・ジョーダン シリーズ
# 邦題 原題 刊行年
イギリスの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
1 殺しの儀式 The Mermaids Singing 1995年 1997年4月 森沢麻里 集英社文庫
2 殺しの四重奏 The Wire in the Blood 1997年 1999年6月 森沢麻里 集英社文庫
3 殺しの迷路 The Last Temptation 2002年 2004年7月 森沢麻里 集英社文庫
4 殺しの仮面 The Torment of Others 2004年 2006年4月 宮内もと子 集英社文庫
5 Beneath the Bleeding 2007年
6 Fever of the Bone 2009年
7 The Retribution 2011年

シリーズ外作品[編集]

# 邦題 原題 刊行年
イギリスの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社
日本の旗
1 女に向いている職業―女性私立探偵たちの仕事と生活(ノンフィクション) A Suitable Job for a Woman 1994年 1997年11月 高橋佳奈子 朝日新聞社
2 (短編集) The Writing on the Wall 1997年
3 処刑の方程式 A Place of Execution 1999年 2000年12月 森沢麻里 集英社文庫
4 シャドウ・キラー Killing the Shadows 2000年 2001年9月 森沢麻里 集英社文庫
5 過去からの殺意 The Distant Echo 2003年 2005年3月 宮内もと子 集英社文庫
6 壁に書かれた預言(短編集) Stranded 2005年 2008年2月 宮内もと子 集英社文庫
7 The Grave Tattoo 2006年
8 迷宮の淵から A Darker Domain 2008年 2012年6月 横山啓明 集英社文庫
9 Trick of the Dark 2010年

受賞・ノミネート歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ Val McDermid - News & Events - Round the World”. ValMcDermid.com. 2007年7月9日閲覧。
  2. ^ a b Val McDermid - Biography”. ValMcDermid.com. 2007年7月9日閲覧。
  3. ^ Dining In The Streets Of Raith”. valmcdermid.com. 2011年10月29日閲覧。
  4. ^ Mina, Denise (2002年2月). “Denise Mina talks to Val McDermid”. Sunday Herald. オリジナル2007年9月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070928103125/http://www.valmcdermid.com/pages/interviews4.html 2007年7月9日閲覧。 
  5. ^ Flockhart, Susan (2004年5月). “Murder In Mind”. Sunday Herald. http://findarticles.com/p/articles/mi_qn4156/is_20040530/ai_n12588950 2007年7月18日閲覧。