ヴァレリオ・ズルリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ヴァレリオ・ズルリーニ
Valerio Zurlini
生年月日 1926年3月9日
没年月日 1982年10月28日(満56歳没)
出生地 エミリア・ロマーニャ州ボローニャ
死没地 ヴェネト州ヴェローナ県ヴェローナ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1944年 - 1976年

ヴァレリオ・ズルリーニValerio Zurlini1926年3月19日 - 1982年10月28日)は、イタリア映画監督脚本家である。

略歴[編集]

1926年3月19日イタリアエミリア・ロマーニャ州ボローニャに生まれる。

1954年、『サンフレディアーノの娘たち』で長編映画監督としてデビュー。1957年にはズルリーニの原作をアルベルト・ラットゥアーダ監督が映画化した『芽ばえ』がナストロ・ダルジェント賞脚本賞を受賞した。

1959年の『激しい季節』を経て、1961年に製作した『鞄を持った女』が第14回カンヌ国際映画祭に出品されたことで最初の成功を収めた。本作はまた、主演のクラウディア・カルディナーレを一躍イタリア映画界のスターダムにのし上げた。

1962年マルチェロ・マストロヤンニを主演に『家族日誌』を製作。第23回ヴェネツィア国際映画祭サン・マルコ金獅子賞アンドレイ・タルコフスキー監督の『僕の村は戦場だった』とともに受賞した。

1972年フランス映画界のスター俳優アラン・ドロンがプロデュースする『高校教師』の監督を担当するも、編集を巡ってドロンと対立を起こした。

1976年ディーノ・ブッツァーティの小説を映画化した『タタール人の砂漠』でダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞作品賞・監督賞、ナストロ・ダルジェント賞監督賞を受賞した。

1982年10月28日ヴェネト州ヴェローナ県ヴェローナで死去。

2013年、修復された『タタール人の砂漠』が第66回カンヌ国際映画祭のカンヌ・クラシックス部門で上映された[1]

監督作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Cannes Classics 2013 line-up unveiled”. Screen Daily. 2013年4月30日閲覧。