ワレンチン・ドゥビニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワレンチン・ドゥビニン
Валентин Степанович Дубинин
生年月日 (1946-01-15) 1946年1月15日(72歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国沿海地方スパッスク=ダリニー
出身校 ウスリースク農業大学
前職 沿海地方政府第一副議長、副知事

在任期間 2001年2月6日 - 2001年6月25日
テンプレートを表示

ワレンチン(ヴァレンチン)・ステパノヴィチ・ドゥビニンロシア語: Валентин Степанович Дубинин、ラテン文字表記の例:Valentin Stepanovich Dubinin1946年1月15日 - )は、ロシアの農業機械技術者、政治家2001年にロシア極東沿海地方知事代行を務めた。沿海地方スパッスク=ダリニー出身。

1969年ウスリースク農業大学を卒業する。大学卒業後、農業機械の技術専門家として働きはじめる。1970年乳製品工場長を皮切りにチェルニゴフスキー地区党委員会でいくつかのポストを歴任する。1982年にはハバロフスクソ連共産党高級党学校で学ぶ。1991年アヌチンスキー地区行政府長官。1993年沿海地方政府第一副議長。1995年エフゲニー・ナズドラチェンコ知事(行政長官)の下で副知事に就任する。

2001年2月9日、ナズドラチェンコの辞任後、ドゥビニンは知事代行となる。2001年5月に行われた沿海地方知事選挙では候補者の一人であったが、第2回投票(決選投票)に進出することが適わなかった。知事代行を退任した後は、アルファ銀行極東支店長に就任した。

私生活では二人の息子がいる。趣味はアヌチノにあるダーチャで菜園作りをすることである。

先代:
コンスタンチン・トルストシェイン(代行)
沿海地方知事(代行)
2001年2月9日 - 2001年6月25日
次代:
セルゲイ・ダリキン