ヴァレンティーナ・リシッツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴァレンティーナ・リシッツァ
Valentina Lisitsa 0421 1200x800.JPG
2010年
基本情報
出生名 Valentina Lisitsa
生誕 (1973-12-11) 1973年12月11日(44歳)
出身地  ウクライナ キエフ
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
活動期間 1991年 -
レーベル DECCA
公式サイト Valentinalisitsa.com [[1]]

ヴァレンティーナ・リシッツァロシア語 Валентина Лисицаウクライナ語 Валентина Лисицяラテン転写 Valentyna Lysytsya英字表記 Valentina Lisitsa1973年12月11日 - )は、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国(現:ウクライナ)生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。

来歴[編集]

ヴァレンティーナ・リシッツァは、音楽家の家庭では無かったが、3歳でピアノを始め、1年後には最初のソロ・コンサートを催す。若くして音楽への才能を現したが、当時の夢はプロのチェス・プレーヤーになることであった。

ルイセンコ記念キエフ特別中等音楽学校を卒業後、キエフ音楽院へ進学。ヴァレンティーナ・リシッツァは数々のインタヴューの中で、自分は前途有望な学生とし教育を受けたが常に正反対のことばかりしていたと話している。同音楽院で後に夫となるアレクセイ・クズネツォフと出会う。音楽に真面目に取り組むようになり、1991年、2台ピアノのコンクールで最高峰と言われるマレイ・ドラノフ国際2台ピアノコンクールで優勝。1992年に渡米。同年アレクセイ・クズネツォフと結婚。

多くのピアノ独奏曲を録音した後、1995年にニューヨーク市リンカーン・センターでのモストリー・モーツァルト・フェスティバル(Mostly Mozart Festival)に出演し又、カーネギー・ホールエイヴリー・フィッシャー・ホールウィーン楽友協会など世界を代表するコンサートホールで演奏した。

2006年、夫でピアニストのアレクセイ・クズネツォフが撮影・制作しアマゾンで売り出したDVD、Valentina Lisitsa Chopin Etudesは彼らによるYouTube投稿を契機にアマゾンでのその売上が急増。ヴァレンティーナ・リシッツァは、インターネットを通して、ついに世界的な名声を得るに至った。2007年よりYoutubeチャンネル ValentinaLisitsa を所持、その登録者は2017年11月時点で37万人を超える。

2012年5月、ロンドンのデッカ・レコード(Decca Records)[1]と契約。同年6月、ロイヤル・アルバート・ホールで初リサイタルを行い、そのライヴは録音録画されCD/DVD発売されている。

2013年2月のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地での初演奏を皮切りにヨーロッパ全土、ワシントン、ブリスベン(オーストラリア)、ソウルでリサイタルを開催。2014年はロサンゼルス、パリ(サル・プレイエル他)、ミラノ、ウィーン、ドレスデン、ライプツィヒ、イスタンブール、サンパウロで演奏。同年、ベルリン交響楽団のソリストとして来日し、6月24~7月6日まで日本全国公演。その際、7月4日にタワーレコード渋谷でヴァレンティーナ・リシッツァのミニ・ライブとサイン会が開催された。2015年は数々の交響楽団(シンシナティ交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ交響楽団ほか)のソリストとし演奏。ヨーロッパ、アメリカ大陸、アフリカ、アジアを含め世界中で演奏活動を行っている。

CD/DVD[編集]

発表 レーベル
型番
タイトル
収録年月日
備考
2010 Naxos

Universal Music Japan

Beethoven, Schumann, Thalberg, Listz - Valentina Lisita, Piano

ヴァレンティナ・リシッツァ: ピアノ・リサイタル
- ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ第23番/シューマン:子どもの情景/リスト:死の舞踏 他
Beethoven: Sonata No.23 in F minor, Op.57, Appassionata/ Schumann: Kinderszenen (Scenes of Childhood), Op.15/ Thalberg: Grande fantaisie sur des motifs de Il barbiere di Siviglia, Opera de Rossini, Op.63/ Liszt: Tolentanz, S525/R188 - 録音:2008年5月/The Beethovensaal, Hannover, Germany

2011 Deutsche Grammophon

Universal Music Japan

Charles Ives Foour Sonatas - Hilary Hahn (violin), Valentina Lisitsa (piano)

アイヴズ:ソナタ集 - ヒラリー・ハーン(バイオリン)、ヴァレンティーナ・リシッツァ(ピアノ)

2012 DECCA Valentina Lisitsa Live at the Royal Albert Hall

収録:2012年6月 ロイヤル・アルバート・ホール (ロンドン)

2012 DECCA Valentina Lisitsa Live at the Royal Albert Hal

収録: 2012年6月 ロイヤル・アルバート・ホール (ロンドン)

◎DVD
2012
DECCA

Universal Music Japan

Sergei Rachmaninov Piano Conceto – Valentina lisitsa, Piano

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲全集
With London Symphony Orchestra/Michael Francis

2013
DECCA
Sergei Rachmaninov Rhapsody on a Theme of Paganini

Valentina Lisitsa, Piano, with London Symphony Orchestra/Michael Francis

2013
DECCA
Sergei Rachmaninov Piano Concerto No.1

Valentina Lisitsa, Piano, with London Symphony Orchestra/Michael Francis

2013
DECCA

Universal Music Japan

Valentina Lisitsa plays Listz

リシッツァ・プレイズ・リスト

2014
DECCA

Universal Music Japan

Valentina Lisitsa Chasing Pianos – The Piano Music of Michael Nyman

ピアノ・レッスン~リシッツァ・プレイズ・マイケル・ナイマン

2014 DECCA

Universal Music Japan

Valentina Lisitsa Etudes –Frederic Chopin, Robert Schumann

ショパン:24の練習曲、シューマン:交響的練習曲

2014
DECCA
Valentina Lisitsa plays Philip Glass

リシッツァ・プレイズ・フィリップ・グラス

(2CD)
2015
DECCA
Alexander Scriabin: Nuances - Valentina Lisita, Piano

アレクサンドル・スクリャービン - ヴァレンティーナ・リシッツァ

2016
DECCA
Love Story – Piano Themes from Cinema’s Golden Age - Valentina Lisita, Piano

ラヴ・ストーリー ~ シネマ黄金時代のピアノ・テーマ - リシッツァによるピアノ協奏曲風映画音楽集
BBC Concert Orchestra/Christopher Warren-Green Gavin Sutherland

脚注[編集]