ヴァンパイア (駆逐艦・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Australian national maritime museum ships.JPG
艦歴
発注
起工 1952年7月1日
進水 1956年10月27日
就役 1959年6月23日
退役 1986年8月13日
その後 記念艦として保存
除籍
性能諸元
排水量 基準 2,800 トン、満載 3,950 トン
全長 118.65 m
全幅 13.11 m
吃水 3.88 m
機関 フォスター・ウィーラー缶 2基
イングリッシュ・エレクトリック蒸気タービン
2軸推進、54,000 shp
速力 30+ノット
航続距離 3,030 海里/20 ノット
乗員 219 + 75名(練習生)
兵装 114mm(4.5 in) 連装砲 3基
60口径ボフォース 40mm 連装対空砲 2基
60口径ボフォース 40mm 単装対空砲 2門
533mm(21 in)5連装魚雷発射管
リンボー対潜迫撃砲

ヴァンパイア (HMAS Vampire) は、オーストラリア海軍駆逐艦オーストラリアで建造されたデアリング級駆逐艦3隻のうちの1隻。ニューサウスウェールズ州シドニーコッカトー島工廠で1952年7月1日に起工。1956年10月27日進水。1959年6月23日就役。

ヴァンパイアの艦歴の大部分は訓練と東南アジアへの航海で占められている。1965年と1966年には空母シドニーベトナムまで護衛した。また、1966年のインドネシア・ボルネオ紛争の際マレー半島ボルネオ島沖で哨戒活動に従事した。1977年、エリザベス2世の在位25周年記念の英連邦王国旅行の内オーストラリア訪問の期間王室ヨットブリタニアの護衛を務めた。1980年、ヴァンパイアは練習艦に改装された。

1986年8月13日に退役。シドニーで記念艦として保存されている。

関連項目[編集]