ヴァージン・オービット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴァージン・オービット
現地語社名 Virgin Orbit
企業形態 子会社
設立 2017年3月2日
主要人物 リチャード・ブランソン
親会社 ヴァージン・グループ
ウェブサイト www.virginorbit.com
テンプレートを表示

ヴァージン・オービット(Virgin Orbit)とは小型の人工衛星の打ち上げを目的とするヴァージン・グループ宇宙開発の企業。

概要[編集]

宇宙旅行ヴァージン・ギャラクティックから分社して設立された[1]。当初は空中発射ロケットであるLauncherOneの母機としてスペースシップツーから発射する予定だったが、市場の要求では大きい衛星の方が需要があるので、それに対応するためヴァージン・アトランティック航空の引退したボーイング747-400を改造して左翼下懸架して打ち上げる予定になった[1]

運用機材[編集]

Cosmic Girl[編集]

ボーイング747-400 : 2001年ボーイング・エバレット工場組立/製造番号 : 32745/ライン番号 : 1287
初飛行 : 2001年9月29日/引渡 : 同年10月31日(ヴァージン・アトランティック航空にてコズミック・ガールと命名/登録記号:G-VWOW)
旅客機引退 : 2015年10月、同年11月にヴァージン・ギャラクティックに登録、登録記号:N744VGに変更後、LauncherOne発射母機にするため同型機左翼下のエンジン運搬用の第5パイロンに懸架可能なように改修。2017年からオービット社にて運用

LauncherOne[編集]

小型の空中発射ロケットで高度12,000mまで上昇してロケットを切り離した後にロケットの第段目のエンジンに点火して軌道に衛星を投入する計画で太陽同期軌道へ重量200kgの衛星を1,000万ドル以下で提供する予定でさらに最大400kgまで拡張するオプションも設定される[1]

OneWebから39回の衛星打ち上げを受注した[1]

脚注[編集]