ヴァーユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴァーユ

ヴァーユサンスクリット語: वायु Vāyu、ワーユとも)はインド神話における風の[1][2]。その名は「風」の意[1]アニラAnila、「風」の意)[1]マールトMarut、「風」の意)[1]ガンダヴァハGandhavaha、「香を運ぶ者」の意)[1]、パヴァナ、プラーナとも呼ばれる。

解説[編集]

リグ・ヴェーダ』の「プルシャの歌」(X・90・13)によれば、ヴァーユは原人プルシャの生気(プラーナ)から生まれたという[3][4][5]。その速さはしばしば駿馬と比喩される。ヴァーユが乗るのは2頭の赤毛の馬が牽く乗る車で、その車には御者としてインドラ神も乗ることがあるという[2][4]

ヴァーユはインドラ神と密接に結びつき、インドラに並ぶ神だとされている[2]。三界(天・空・地)のうち、空界をインドラとともに占める。『リグ・ヴェーダ』にはヴァーユの他にもヴァータという風神が登場しているが、ヴァーユのほうがより擬人化が進み、讃歌の数も多い。イランにおける風神ワーユにあたる[6]。『マハーバーラタ』の英雄ビーマや、『ラーマーヤナ』の猿将ハヌマーンはヴァーユの息子とされる[7]

時代が下ると、インドラら他の神々と共に8つの方角に配され、ヴァーユは北西の守護神となった[2][8]。また、ヴァータと共に[2]仏教に取り入れられて風天となった[1][2]ゾロアスター教においては、ワーユはインドラと共にダエーワ(悪魔)とみなされた[9]

また、ヴァーユはインド哲学の五大要素(パンチャマハーブータ)の一つであり、その意味は「風」、「空気」あるいは「気」である。

ヴァーユに由来する名称[編集]

かつて東日本フェリーおよび津軽海峡フェリーが所有していたフェリーばあゆ』の名称はこの神の名に由来する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『インド曼陀羅大陸』 131、244頁。
  2. ^ a b c d e f 神の文化史事典』 100頁。
  3. ^ 神の文化史事典』 100-101頁。
  4. ^ a b インド神話伝説辞典』 66頁。
  5. ^ リグ・ヴェーダの讃歌」102頁。(プルシャ(原人)の歌(10・90))"...生気より風生じたり。"
  6. ^ 『西洋神名事典』258頁。
  7. ^ 神の文化史事典』 101頁。
  8. ^ インド神話伝説辞典』 67頁。
  9. ^ エリアーデ, ミルチア「第13章 105 アケメネス朝の宗教」『世界宗教史2 - 石器時代からエレウシスの密儀まで(下)』松村一男訳、筑摩書房ちくま学芸文庫〉、2000年4月、213頁。ISBN 978-4-480-08562-7。

参考文献[編集]

  • 稲葉義明ほか『西洋神名事典』山北篤監修、新紀元社Truth In Fantasy事典シリーズ 4〉、1999年11月。ISBN 978-4-88317-342-6。
  • 沖田瑞穂「ヴァーユ」『神の文化史事典』松村一男他編、白水社、2013年2月、100-101頁。ISBN 978-4-560-08265-2。
  • 蔡丈夫『インド曼陀羅大陸 - 神々/魔族/半神/精霊』新紀元社〈Truth In Fantasy 11〉、1991年12月。ISBN 978-4-88317-208-5。
  • 「ヴァーユ」『インド神話伝説辞典』菅沼晃編、東京堂出版、1985年3月、66-68頁。ISBN 978-4-490-10191-1。
  • 辻直四郎訳「リグ・ヴェーダの讃歌」『ヴェーダ アヴェスター』訳者代表 辻直四郎、筑摩書房〈世界古典文学全集 第3巻〉、1967年1月、p. 310。全国書誌番号:55004966NCID BN01895536

関連項目[編集]