ヴィクトール・クドリャフツェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Pix.gif ヴィクトール・クドリャフツェフ
Viktor Nikolaevich Kudriavtsev
Figure skating pictogram.svg
Rsz kudriavtsev ec 2004.jpg
2004年のクドリャフツェフ
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア
生年月日: (1937-10-24) 1937年10月24日(80歳)
出生地: ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国トゥーラ
所属クラブ: モスクヴィッチ

ヴィクトール・クドリャフツェフロシア語: Виктор Николаевич Кудрявцевロシア語ラテン翻字: Viktor Nikolaevich Kudriavtsev1937年10月24日- )は、旧ソ連フィギュアスケート選手でロシアフィギュアスケートコーチ。

来歴[編集]

ロシアトゥーラ州トゥーラ生まれ。クドリャフツェフは最初にピオネール宮殿(子供用課外活動施設の一般名称)で振り付けを学習することから始めた。14歳でモスクワボリショイ劇場のバレエ学校へ推薦されるも、寮もなくモスクワの親戚を頼ることもできず、トゥーラに帰らざるを得なかった。16歳でフィギュアスケートを始めたクドリャフツェフは、やがて集団レッスンで才能を発揮し、数年後にロシア国内ジュニア選手権3位となり 1956年コルティナダンペッツォオリンピック代表候補となる。1960年に体育スポーツ青少年観光ロシア州立大学卒業後から22歳でコーチ活動を始めた。

コーチ活動としてはソコーリニキ (トゥーラ州)のリンクから始めて、ルジニキ・クリスタルを経て最終的にモスクワのモスクヴィッチに拠点を定めた。2010年にはコーチの第一線を退いたがロシアナショナルチームのコンサルタントは続けている。[1]

コーチ活動を開始してからは数多くのフィギュアスケート選手を育て、指導した選手の中では1975年世界選手権セルゲイ・ボルコフが優勝し、旧ソ連の選手としては初優勝であった。その後は数多くの選手が世界選手権ヨーロッパ選手権の表彰台に乗っている[2]

2000年以降は ЭШВСМ”モスクヴィッチ”にてシニアコーチをしている。2011年からロシア国内チームのコンサルタントを務めている。

指導した選手[編集]

称号[編集]

  • 旧ソ連名誉コーチ
  • ロシア名誉コーチ 
  • 最終学歴 体育スポーツ青少年観光ロシア州立大学卒(1960年)

私生活[編集]

かつて指導したマリーナ・チトーワと結婚し、彼女もフィギュアスケートコーチである。

脚註[編集]

出典[編集]