ヴィシュヌ派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴィシュヌ派(ヴァイシュナヴァ, Vaiṣṇava)は、ヒンドゥー教における有力な宗派の1つ。

ヴィシュヌ神、及びその多様な化身アヴァターラ)を最高神として崇拝する[1]

マハーバーラタ』『バガヴァッド・ギーター』などを主たる典拠とし、そこに登場するクリシュナはヴィシュヌ神の主たる化身(アヴァターラ)として崇拝される。「最高神に対する絶対的帰依」を意味する「バクティ」(信愛)の概念も、このヴィシュヌ派によって広められた。

支流[編集]

ヴィシュヌ派に括られる主な派としては、以下のようなものがある。[1]

  • バーガバタ派(Bhāgavata)
教義はバガヴァッド・ギーターに盛り込まれている
  • マドバ派
  • ビシュヌスバーミン派
  • ニンバールカ派
  • バッラバ派
  • チャイタニヤ派
  • パンチャラートラ派(Pañcarātra)
ナーラーヤナを崇拝し、タントリズムを基調とする
ヴィシュヌ神

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]