ヴィゾーヴニル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヴィゾーヴニル[1]古ノルド語: Víðófnir[1][2], 「木の」の意[3])とは、北欧神話に登場する雄である。ヴィゾープニル古ノルド語: Víðópnir[4])、ヴィドフニル[4](英語: Vidofnir)などとも。

エッダ詩フョルスヴィーズルの言葉』によると、ヴィゾーヴニルはユグドラシルの最も高い枝に留まっており、その輝く身体でユグドラシルを明るく照らしだしているという。この物語のなかでスヴィプダグルは館リュルに入るためにヴィゾーヴニルの肉が必要であることを知るが、ヴィゾーヴニルを唯一殺せる武器レーヴァテインを手に入れるためにはヴィゾーヴニルの尾羽が必要であるという、堂々巡りの謎掛けを出されることとなる。

ヴィゾーヴニルは『巫女の予言』に登場する2羽の鶏、フィアラルとグリンカムビのどちらかと同じ存在ではないか、という意見もある[5][注 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ また、『巫女の予言 エッダ詩校訂本』(pp. 215-216) によると、ソーフス・ブッゲは『巫女の予言』第42-43スタンザに登場する鶏(3羽のうちどれかは不明)が『フョルスヴィーズルの言葉』のヴィゾーヴニルに相当すると考えていた節があるという。

出典[編集]

  1. ^ a b 菅原邦城シーグルズル・ノルダル『巫女の予言 エッダ詩校訂本』東海大学出版会、1993年初版第1刷、ISBN 4-486-01225-9。p.215 の表記。
  2. ^ Svipdagsmál. II. Fjölsvinnsmál(ソーフス・ブッゲ "Sæmundar Edda"(1867) の電子テキスト)
  3. ^ 山室静・米原まり子訳、キーヴィン・クロスリィ=ホランド『北欧神話物語』青土社、1992年新版第3刷(初版第1刷は1983年)、ISBN 978-4791751495。pp.203-204。
  4. ^ a b heimskringla.no - Eddukvæði : Fjölsvinnsmál(Guðni Jónsson "Eddukvæði" の電子テキスト) Archived 2007年5月8日, at the National and University Library of Iceland
  5. ^ 『北欧神話物語』p.319。

関連項目[編集]