ヴィダルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ヴィダルバに相当する地域

ヴィダルバマラーティー語:वर्हाड, 英語:Vidarbha)は、インドマハーラーシュトラ州西部の地域。ベラール(Berar)とも呼ばれる。

歴史的にはナーグプル盆地も含む広い地域を指したが、現在、北はガーウィルガル丘陵、南はアジャンター山脈とサトマラ山脈にはさまれ、プルナ川沿いに延びるデカン高原北部にあたる地域を指す。

歴史[編集]

ニザーム藩王国の領土。黄緑がベラール地方

1490年バフマニー朝の分裂により、ベラール王国が成立した。

1572年アフマドナガル王国がベラール王国を滅ぼし、併合した。

1596年、アフマドナガル王国からムガル帝国に割譲され、その一州となった。

1724年ニザーム王国が成立すると、ベラールはその領土となった。また、ナーグプルのボーンスレー家もこの地域を領有していた。

1803年第二次マラーター戦争の結果、ボーンスレー家はデーオガーオン条約を締結し、領有していたベラール地方をイギリスに割譲した。

1804年5月16日、イギリスはニザーム藩王国とハイダラーバード条約を結び、ベラール地方は再割譲された。

1853年5月21日、イギリスはニザーム藩王国のイギリス軍駐留費の未払いを理由に、当時は綿花の生産地でもあったベラールを割譲させた。

1902年11月5日、ニザーム藩王国は年250万ルピーの支払いで、イギリスにベラールを正式にリースすることにし、1903年10月1日にイギリス領中央州に編入された。

1947年インド共和国が成立すると、ベラールはベラール州としてその一部となった。

1950年マディヤ・プラデーシュ州1956年にはボンベイ州に編入されたが、1960年にボンベイ州再編により、新たに成立したマハーラーシュトラ州に編入された。

参考文献[編集]

  • 小谷汪之 『世界歴史大 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年 
  • 辛島昇 『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』 山川出版社、2007年 

関連項目[編集]

  • Tigertrails
  • Wikisource-logo.svg Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Berar". Encyclopædia Britannica. 3 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 763.  This details the history of the province up to 1903, and itself cites Imperial Gazetteer of India  (Oxford, 1908)