ヴィチェプスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヴィチェプスクの位置
旧市庁舎
市街風景

ヴィツェプスクまたはヴィチェプスクВі́цебскVitsyebsk)はベラルーシの都市。ポーランド語、ロシア語でヴィテプスクWitebsk, Ви́тебскVitebsk)とも称される。ロシアおよびラトビアとの国境に近い。ヴィツェプスク州の州都で、人口は342,381人(2004年)。

目次

歴史

ヴィテブスクについての最古の記録は1021年にさかのぼる。都市の公式の建立年は974年で、キエフ大公妃オリガの命により、クリブチの古い入植地のあった場所に建設された。

1320年にリトアニア大公国に帰属。1569年にポーランド・リトアニア連合領となった。1579年にマグデブルク法における特許を得た。1772年、第1次ポーランド分割によってロシア帝国領となった。

帝政期にはユダヤ人コミュニティであるシュテットルが発達し、市の人口の半分は保守系ユダヤ人となった。

ロシア革命後、独立ベラルーシ共和国の一部となった時期を経て、1919年から1991年までソビエト連邦に属した。旧ソ連の白ロシア共和国が独立してベラルーシ共和国となると、ヴィテブスクもその一部となった。

文化

1992年より芸術祭「スラヴ・バザール」を開催されている。ウクライナやロシアからも参加者が集う国際的な芸術祭として知られている。

著名な出身者

Bibliography

ウィキメディア・コモンズ

今日は何の日(2月17日

もっと見る