ヴィックリー・オークション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヴィックリー・オークションまたは2位価格封印入札(2いかかくふういんにゅうさつ)は、封印入札で入札価格1位の入札者が入札価格2位の価格を支払って落札するという方式の競売である[1][2][3]ウィリアム・ヴィックリーが考案した[2]。入札価格一位が入札価格一位の価格を支払う方式と比べて、参加者各自が思う真の価値で入札する動機づけが強いとされる[4]

第二価格封印入札[5]ビックリー・オークション[6]ヴィッカリー・オークション[2]とも。

歴史[編集]

1870年代のイングランド切手ワインなどのオークションで、郵便を通じて入札を行う2位価格方式がとられた[3]。これはヴィックリー・オークションの前身にあたると考えられる[3]

ウィリアム・ヴィックリーは1961年の論文で2位価格封印入札オークションの均衡解の初の理論的解析を行い[7]、そのイングリッシュ・オークション英語版との等価性を証明した[3]。以後、この方式が経済学でヴィックリー・オークション(英語 Vickrey-auction)と呼ばれるようになった[7]

原理[編集]

競売の対象である商品に対して、入札者はそれぞれの考えで異なる価値を感じる。その商品に v という金額の価値があると思っているある入札者(購入希望者)に注目すると、その入札者にとって最適な入札価格は次のように決まる[1]

他者の入札価格のうちの最高額が M だったとする。以下のように場合分けして考える。

  • v > M の場合、この入札者は正直に自分の思う価値を入札価格として表明すれば、それが1位価格となり、2位価格 M で落札することができる。その場合、価値 v があるものを価格 M で入手することができるので、差引 v - M の得をする。M より高い範囲で v 以外の入札額にしても結果は同じであり、得や損はない。
  • v ≦ M の場合、落札しないように、M を下回る入札価格を表明することが最適な戦略である。そのために v を入札価格とすることができる。もし M を越える価格で入札すれば、落札することはできるが支払う金額が v より高いため、損をしてしまう。M より低い範囲で v 以外の入札額にしても結果は同じであり、得や損はない。

このように、ヴィックリー・オークションでは v > M と v ≦ M のいずれの場合も(つまり、いつでも)正直な入札が最適となり、不正直な入札を行うインセンティブがない[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c 小塩隆士『サピエンティア 公共経済学』52-53ページ
  2. ^ a b c 山本哲三 編著 「コンセッションの勧め ─理論と事例から学ぶコンセッションの成功条件─、解題 コンセッションの勧め」
  3. ^ a b c d David Lucking-Reiley Vickrey Auctions in Practice: From Nineteenth Century Philately to Twenty-first Century E-commerce
  4. ^ Vickrey Auction -- Math Fun Facts
  5. ^ オークション理論の基礎(6) 第二価格封印入札に脚光 横尾真 九州大学教授 やさしい経済学 コラム(経済・政治) 2018/3/2 2:30日本経済新聞 電子版
  6. ^ カルテルの実態調査と経済理論分析 公正取引委員会 競争政策研究センター 2008 年 3 月
  7. ^ a b Axel Ockenfels and Axel Ockenfels The Timing of Bids in Internet Auctions: Market Design, Bidder Behavior, and Artificial Agents AI Magazine, Fall 2002, 79-88

関連項目[編集]