ヴィッテル (ミネラルウォーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヴィッテル (Vittel) は、ナチュラルミネラルウォーターのブランドである。現在はネスレグループが商標を所有している。日本国内では、ネスレ日本株式会社が輸入し、ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社が販売している。

ロンドンマラソンの公式飲料となっていたほか、2008年からは同じネスレグループのミネラルウォーターである「アクアレル」(日本未発売)に代わってツール・ド・フランスの公式飲料となった。

基本情報[編集]

歴史[編集]

ツール・ド・フランスでの活動[編集]

ツール・ド・フランス2008からは最後の選手が通過した後に宣伝として、「チーム・ヴィッテル」を出走(実際に走るのではなく、バイクのサイドカーを改造した台の上にローラー台を乗せてその上に乗ってペダルを回している)させたが、選手は「40年以上同じ機材を使い続けている」「平坦地形のレースで山岳賞を受けた」等の、実際にはありえない経歴の選手で占められている。この凝った宣伝が好評で、ベスト・キャラバン賞を受賞した。

チームは2009年にも出場し、選手とヴィッテルのボトルを配布する車だけでなく、実際にレースに参戦しているチームと同じように監督車とメカニックの乗った車が併走するなど、さらに凝った宣伝体制となった。選手の中にはマイヨ・ジョーヌのレプリカを着用した女性も含まれており「女性では初のマイヨ・ジョーヌ着用者」として宣伝していた。チームの監督は、本物の元ロードレース選手で、マイヨ・ジョーヌの着用経験もあるヴァンサン・バルトー。

YouTubeにはチームのオフィシャルチャンネルもあり、現地にいない人間にも楽しめる用に工夫が凝らされている。

脚注[編集]

  1. ^ “サントリー「Vittel(ヴィッテル)」販売を開始”. サントリー. (2002年12月3日). http://www.suntory.co.jp/news/2002/8315.html 2013年8月29日閲覧。 
  2. ^ “ポッカサッポロフード&ビバレッジ、ネスレ日本 輸入ミネラルウォーターに関する事業提携に合意”. ネスレ日本. (2013年8月8日). http://www.nestle.co.jp/media/pressreleases/allpressreleases/20130808 2013年8月29日閲覧。