ヴィム・キーフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィム・キーフト Football pictogram.svg
Wim Kieft (1981).jpg
1981年のキーフト
名前
本名 ヴィレム・コルネリス・ニコラース・キーフト
Willem Cornelis Nicolaas Kieft
ラテン文字 Wim Kieft
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1962-11-12) 1962年11月12日(55歳)
出身地 アムステルダム
身長 190cm
選手情報
ポジション FW (CF)
ユース
オランダの旗 アヤックス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1983 オランダの旗 アヤックス 96 (69)
1983-1986 イタリアの旗 ピサ 91 (25)
1986-1987 イタリアの旗 トリノ 19 (8)
1987-1990 オランダの旗 PSV 82 (55)
1990-1991 フランスの旗 ボルドー 26 (3)
1991-1994 オランダの旗 PSV 88 (34)
通算 402 (194)
代表歴
1981-1993 オランダの旗 オランダ [1] 43 (11)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴィム・キーフト(Wim Kieft、1962年11月12日 - )は、オランダ出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはFW

経歴[編集]

地元アムステルダムに本拠地を置くアヤックスにてプロデビューすると、所属していた4年間で3度のリーグ優勝を経験した。1982年8月には、19歳9ヶ月16日(最年少記録)でリーグ戦50得点をマークした[2]。10代で50得点を記録したのはキーフトただひとりである。自身も1981-82シーズンにはエールディヴィジの得点王となり、ヨーロッパ・ゴールデンシューにも選ばれている。1983年セリエAに昇格したばかりのピサへと移籍するも、すぐにセリエBへと降格した。1985-86シーズンに再びクラブを昇格させ、同年にトリノへと移籍した。翌年、PSVに移籍し、一年間のボルドー移籍を挟んでPSVでプレー、1994年に現役を引退した。

オランダ代表として43試合に出場し、11ゴールを記録。UEFA欧州選手権19881990 FIFAワールドカップUEFA EURO '92などにも招集された。

2009年8月、古巣PSVアイントホーフェンのリザーブチームのコーチに就任した[3]

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[1]


オランダ代表 国際Aマッチ
出場 得点
1981 1 0
1982 5 1
1983 0 0
1984 2 2
1985 5 3
1986 1 0
1987 0 0
1988 5 2
1989 4 1
1990 8 1
1991 5 0
1992 6 1
1993 1 0
合計 43 11

脚注[編集]

  1. ^ a b “Wim Kieft - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/kieft-intl.html 
  2. ^ Telegraaf.nl (2009年8月10日). “Suarez in rijtje jongste topscorers”. 2009年8月13日閲覧。
  3. ^ Voetbalprimeur.nl (2009年8月13日). “Kieft definitief aan de slag bij PSV”. 2009年8月13日閲覧。