ヴィルヘルム・レームブルック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴィルヘルム・レームブルック(自画像)

ヴィルヘルム・レームブルック(Wilhelm Lehmbruck、1881年1月4日 - 1919年3月25日)は、ドイツの彫刻家である。

略歴[編集]

ノルトライン=ヴェストファーレン州デュースブルクの近郊のマイデリッヒ英語版の鉱山労働者の息子に生まれた。科学書の挿絵を描いたり、装飾画を描くなどして生活費を得ながら、デュッセルドルフの工芸学校 (Kunstgewerbeschule Düsseldorf) で彫刻を学んだ。1901年からデュッセルドルフ美術アカデミーで彫刻家のカール・ヤンセンに学んだ。1906年にケルンで開かれた展覧会に初めて作品を出展した[1]。1907年に結婚した。

1910年に美術品コレクターのカール・ノルデンの支援を受けてパリに移り、同年のサロン・ドートンヌに初めて出展した。アレクサンダー・アーキペンコらの前衛的な彫刻家とも知り合った。ドイツ各地の展覧会やアメリカでのアーモリーショーにも出展した。第一次世界大戦が始まった後、ベルリンに戻った。

戦争中は救護隊員や軍の病院で働き、その悲惨な経験は後年の作品に反映された[2]。1916年末には鬱病になり、スイスのチューリッヒに移った。1919年にベルリン美術アカデミーの会員に選ばれ、ベルリンに戻ったがそこで自殺した。

作品[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • August Hoff: Wilhelm Lehmbruck – Leben und Werk. Rembrandt-Verlag, Berlin 1961.
  • Dietrich Schubert: Die Kunst Lehmbrucks. Wernersche Verlagsgesellschaft, Worms, 1. Auflage: 1981. ISBN 978-3-88462-005-2, 2. überarbeitete und erweiterte Auflage: 1990. ISBN 978-3-88462-055-7
  • Siegfried Salzmann: Wilhelm Lehmbruck (1881–1919). In: Wilhelm Janssen (Hrsg.): Rheinische Lebensbilder 9. Rheinland Verlag, Köln 1982. ISBN 3-7927-0668-7, S. 275–282.
  • Dietrich Schubert: Lehmbruck, Wilhelm. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 14, Duncker & Humblot, Berlin 1985, ISBN 3-428-00195-8, S. 101–103 (Digitalisat).
  • Hans-Dieter Mück: Wilhelm Lehmbruck 1881–1919: Leben Werk Zeit. Eine Rekonstruktion nach Dokumenten. Marix, Wiesbaden 2014.[9]
  • Marion Bornscheuer: Wilhelm Lehmbruck. Wienands kleine Reihe der Künstlerbiografien. Köln 2018. ISBN 978-3-86832-388-7