ヴィルヘルム=フェルディナント・ガーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴィルヘルム=フェルディナント・ガーランド
Wilhelm-Ferdinand Galland
渾名 ヴッツ(Wutz)
生誕 1914年10月23日
Flag of the German Empire.svg ドイツ帝国
プロイセン王国の旗 プロイセン王国
ヴェストファーレン州
ボーフム
死没 (1943-08-17) 1943年8月17日(28歳没)
オランダ
マーストリヒトの西
所属組織 Balkenkreuz.svgドイツ空軍
軍歴 1935年 - 1943年
最終階級 少佐
テンプレートを表示

ヴィルヘルム=フェルディナント・"ヴッツ"・ガーランドWilhelm-Ferdinand "Wutz" Galland1914年10月23日 - 1943年8月17日)はドイツ空軍軍人第二次世界大戦時、186回の出撃で55機を撃墜したエース・パイロットであり、その戦功から騎士鉄十字章を授与された。

兄は空軍中将アドルフ・ガーランド

経歴[編集]

1914年10月23日ヴェストファーレン州ボーフムでアドルフ・ガーランド・シニアとフランス人のアンナ(旧姓シッパー)の間に三男として生まれた。四人兄弟で兄にフリッツとアドルフ(ジュニア)、弟にパウルがいる。父親は家族全員に愛称を付けていた。妻のアンナは「アニタ」、長兄のフリッツは「トビー」、次兄のアドルフは「ケファー」、ヴィルヘルム=フェルディナントは「ヴッツ」、弟のパウルは「ポーリンチェン」、または両親は女の子が欲しかったので時には「パウラ」と呼ばれていた。

1935年ドイツ空軍に入隊し、高射砲連隊に配属された。1940年フランスの戦いに参加し、同年末に第26戦闘航空団(JG 26)の補充飛行隊で飛行訓練を行った。1941年6月27日、第26戦闘航空団第II飛行隊(II./JG 26)の直属となり、第6中隊に配属された。JG 26は兄のアドルフが戦闘航空団司令を務めており、弟のパウルも在籍していた。

7月23日エダン近郊でスピットファイアを撃墜し、初戦果を記録。1942年4月10日エタプル近郊でスピットファイアを撃墜し、5機撃墜でエース・パイロットとなった。5月5日、II./JG 26の第5中隊(5./JG 26)の中隊長に任命された。6月2日ソンム川上空でスピットファイア2機を撃墜し、10機撃墜を記録。12月12日ブローニュ近郊でスピットファイアを撃墜し、20機撃墜を記録した。

1943年1月13日、II./JG 26の飛行隊長に任命された。1月28日、24機撃墜の功によりドイツ十字章金章を受章。2月15日ラムズゲート近郊でスピットファイアを撃墜し、30機撃墜を記録した。4月21日、II./JG 26はアブヴィル車両基地を目標としたイギリス空軍(RAF)の編隊を迎撃するために緊急発進した。ガーランドは2機のPV-1を撃墜し、41機撃墜を記録した。5月18日、35機撃墜の功により騎士鉄十字章を受章。7月14日ヴィラクブレーを爆撃するB-17を護衛するアメリカ陸軍航空軍(USAAF)のP-47と交戦し、2機のP-47を撃墜した。

8月17日連合国軍はシュヴァインフルト=レーゲンスブルク作戦を実施した。16時52分、II./JG 26はシュヴァインフルトへの爆撃の帰投コースでUSAAFの爆撃機を迎撃するためにリールから出撃した。リエージュ上空で、護衛戦闘機約200機によって護衛された150~200機のB-17の編隊と会敵し、ガーランドはUSAAF第56戦闘航空群のP-47に撃墜され戦死した。第56戦闘航空群のアメリカ人エース・パイロットのバッド・マハリンによって撃墜されたとされている。ガーランドが搭乗していたフォッケウルフ Fw190 A-5マーストリヒトの西5kmのリエージュ近郊に高速で墜落した。その衝撃により地面に大きな穴が残り、そこからすべての残骸を取り除くことはできなかった。

ガーランドは大戦中186回の出撃で55機を撃墜した。そのすべては西部戦線での戦果であり、その中には4発爆撃機7機とスピットファイア37機が含まれている。

受勲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) [1986] (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 — Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives. Jena, Germany: Scherzers Militaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Spick, Mike (1996). Luftwaffe Fighter Aces. New York: Ivy Books. ISBN 978-0-8041-1696-1. 
軍職
先代:
カール=ハインツ・マイヤー大尉
第26戦闘航空団第II飛行隊の飛行隊長
1943年1月3日 - 1943年8月17日
次代:
ハンス・ナウマン大尉