ヴィルールバンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Villeurbanne
Blason ville fr Villeurbanne (Rhône).svg

Repit agriculteur.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) メトロポール・ド・リヨン
(arrondissement) リヨン郡
小郡 (canton) 小郡庁舎所在地
INSEEコード 69266
郵便番号 69100
市長任期 ジャン=ポール・ブレ
2008年-2014年
人口動態
人口 138 151人
(2007年)
人口密度 9 515人/km2
地理
座標 北緯45度46分00秒 東経4度52分49秒 / 北緯45.766667度 東経4.880278度 / 45.766667; 4.880278座標: 北緯45度46分00秒 東経4度52分49秒 / 北緯45.766667度 東経4.880278度 / 45.766667; 4.880278
標高 平均:? m
最低:165 m
最高:189 m
面積 14.52km2 (1 452ha)
Villeurbanneの位置(フランス内)
Villeurbanne
Villeurbanne
テンプレートを表示

ヴィルールバンヌVilleurbanne)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏メトロポール・ド・リヨンコミューン

由来[編集]

ラテン語のvilla urbana(fr、住居を含む広大な農場)に由来する。現在の駅前広場にあたる場所に、ローマ時代の農場があった。

歴史[編集]

ローヌ川が自然の境界となっていたドーフィネ(1349年、フランス王国へ併合)に、ヴィルールバンヌはつくられた。1355年、当時のヴィルールバンヌ領主であったサヴォイア伯がフランス王と領地を交換したため、ヴィルールバンヌはフランス領となった。

主に農業の町であったヴィルールバンヌは、19世紀まで草原に村落が点在する未開発の土地だった。時にはローヌ川が氾濫し、平野を水浸しにした。1852年にローヌ県の一部となるまでは、歴史的にイゼール県の一部だった。産業革命が始まり、ヴィルールバンヌは織物産業で繁栄した。主としてイタリアからの移民が多かった。リヨンの労働者階級が暮らす郊外の町として、急速に発展した。

著名な出身者[編集]

姉妹都市[編集]