ヴィレッジブックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ヴィレッジブックス
villagebooks inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0031
東京都渋谷区桜丘町18番6号
日本会館5階
設立 2006年8月1日
業種 出版業
事業内容 書籍の出版・販売
代表者 板垣耕三 (代表取締役社長)
資本金 4億4650万円
主要株主 ウィーヴ
外部リンク http://www.villagebooks.co.jp/
特記事項:2012年11月1日吸収合併により解散
テンプレートを表示

ヴィレッジブックス(villagebooks)は、フリュー株式会社の出版事業[1]

沿革[編集]

2001年、株式会社ソニー・マガジンズ(現エムオン・エンタテインメント)は、日本国外のミステリや映画のノベライズ作品を中心に刊行する文庫レーベル『ヴィレッジブックス』を立ち上げ、後にサブカルチャーや実用書へジャンルを拡大する。

2006年8月、ソニー・マガジンズの書籍部門が株式会社ウィーヴに売却され、株式会社ウィーヴと株式会社オムロンエンタテインメントは事業の受け皿会社として株式会社ヴィレッジブックスが設立した。新会社設立後もしばらく、出版物の販売はソニー・マガジンズが代行していたが、2008年4月より自前の営業部を設置して完全独立した。

2011年11月1日、株式会社ヴィレッジブックスは、親会社である株式会社ウィーヴに吸収合併された。それに伴って、ヴィレッジブックスレーベルからの出版事業は、株式会社ウィーヴ ヴィレッジブックス出版部となった。

2019年7月1日、株式会社ウィーヴは、親会社であるフリュー株式会社に吸収合併された[2]。それに伴って、ヴィレッジブックスレーベルからの出版事業は、フリュー株式会社 ヴィレッジブックス出版部となった。

現在では、アメコミ日本語翻訳版、映画、ロマンスなどエンタテインメント分野の翻訳書を中心とした出版を行っている。

主な発行物[編集]

  • ヴィレッジブックス - ミステリ・映画ノベライズ・実用書
  • ヴィレッジブックスedge - ライトノベル
  • BloomBooks - 女性向け実用書
  • にいるぶっくす - 絵本

脚注[編集]

  1. ^ 21世紀のマーベル最高傑作『ヴィジョン』が「ヴィレッジブックス」より本日1月31日発売!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2020年2月15日閲覧。
  2. ^ フリュー、子会社ウィーヴを吸収合併 業務の集約と人材配置の最適化のため ウィーヴは解散へ” (日本語). Social Game Info. 2020年2月15日閲覧。