ヴィレムII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ヴィレムII
原語表記 Willem II Tilburg
愛称 Red White Blue Army
King's Army
Tricolores
クラブカラー     青 /     赤 /    
創設年 1896年
所属リーグ エールディヴィジ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ティルブルフ
ホームスタジアム コニング・ヴィレムII・スタディオン
収容人数 14,637
代表者 オランダの旗 ヤン・ファン・デル・ラーク
監督 オランダの旗 アドリー・コスター
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

ヴィレムIIティルブルフ(Willem II Tilburg)は、オランダの南部、北ブラバント州の都市ティルブルフを本拠地とするサッカークラブである。読み方は「ヴィレム・トヴェー・ティルブルフ」。

概要[編集]

1896年創立。ホームスタジアムはコニング・ヴィレムII・スタディオンである。創設時のクラブ名称は「ティルブルヒア」だったが、1898年、オランダ王ヴィレム2世に因んでチーム名を「ヴィレムII」に改称した。2004年にティルブルフを追加して、現在の形である「ヴィレムIIティルブルフ」と名前になった。

クラブカラーに青、赤、白を採用しており、これらはトリコロール・カラーとして有名なことから、親しみを込めてクラブは「トリカラーズ」とも呼ばれる。

ヴィレムIIは1960年代以前、オランダ全国選手権(エールディヴィジの前身となった大会)で3回の優勝経験があることから、古豪として認識されている。また、同年代にKNVBカップも2度制覇している。クラブ最大のライバルはNACブレダとの試合である。

選手育成にも力を入れており、過去に輩出した選手にはサミ・ヒーピアヤープ・スタムマルク・オーフェルマルスヨリス・マタイセンらがいる。近年ではフィルジル・ファン・ダイクフレンキー・デ・ヨングなどが例である。

歴史[編集]

1896年8月12日、「ティルブルヒア」として設立された。当時は「ヘメーンテライク・スポルトパルク・ティルブルフ」をホームスタジアムとしていたが、1995年にコニング・ヴィレムII・スタディオンへと移転した。1916年と1952年そして1955年のオランダリーグチャンピオンとなった過去がある。

クラブが初めて欧州の舞台に現れたのは1963年のUEFAカップウィナーズカップ。1回戦で当時ヨーロッパを代表するクラブだったマンチェスター・ユナイテッドFCと対戦したものの、2戦合計7-2で完敗している。1998-99シーズンにも同大会に出場した。初戦となったジョージアのFCディナモ・トビシリには6-0のパーフェクトゲームをおさめたが、2回戦のレアル・ベティス戦で4-1と敗北し、大会を後にした。1999年にはリーグ戦で2位フィニッシュを果たしたことでクラブ史上初のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得た。しかし、ヨーロッパの舞台で彼らの実力では叶わず、グループリーグで勝ち点2ポイントしか得られなかった。結果、グループリーグ敗退に終わり、これ以降CLには出場できていない。2004-05シーズンには久しぶりのタイトル獲得チャンスが訪れる。このシーズン、KNVBカップで決勝に駒を進めたヴィレムは、決勝でPSVアイントホーフェンと対戦した。タイトル獲得に期待がかかるものの、4-0で大敗した。

2010-11シーズン、24年ぶりにエールステ・ディヴィジに降格した。しかし、当時の監督ユルゲン・ストレッペルの手腕によって1シーズンでエールディヴィジに復帰することができた。残留を目標に2012-13シーズンを戦ったが、リーグ最下位でシーズンを終え、1年で再び2部に逆戻りした。2部では圧倒的な強さを見せ、2部優勝を果たしたヴィレムはまた1年でエールディヴィジに昇格した。これ以降、降格は経験していない。

2018-19シーズン、クラブ4度目のKNVBカップ決勝の舞台に立った。準決勝でAZアルクマールを破ったヴィレムだったが、決勝で14年前と同じ道を再び歩むことになった。対戦相手はアヤックス・アムステルダムで、この年も敗戦し、準優勝に終わった。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

欧州の成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2020年12月1日現在
No. Pos. 選手名
1 オランダの旗 GK ロビン・ライテル
3 オランダの旗 DF フレーク・ヘールケンス (副主将)
4 オランダの旗 DF ヨルデンス・ペテルス キャプテン
6 オランダの旗 DF ヤン=アリー・ファン・デル・ハイデン
7 オランダの旗 FW チェ・ヌネリー (Flag of Suriname.svg)
8 スペインの旗 MF ポル・ジョンチ
9 オランダの旗 FW ポール・グラドン
10 ギリシャの旗 FW ヴァンゲリス・パヴリディス
11 ドイツの旗 FW マッツ・ケーレルト
13 オランダの旗 DF レーロイ・オウス (Flag of Ghana.svg)
14 ベルギーの旗 FW エルトン・カバング (Flag of the Democratic Republic of the Congo.svg)
15 オランダの旗 FW オレ・ロメニー
16 オランダの旗 MF リック・ザイデルワイク
No. Pos. 選手名
17 モロッコの旗 MF ドリース・サディキ (Flag of the Netherlands.svg)
18 オランダの旗 DF ミケル・ネロム (Flag of Suriname.svg)
19 ドイツの旗 FW ジョン・イェボア (Flag of Ghana.svg)(Flag of Ecuador.svg)
20 ガーナの旗 FW クワシ・オキア・ヴリード (Flag of Germany.svg)
21 ベルギーの旗 MF マイク・エンダイシミイェ (Flag of Burundi.svg)
22 オランダの旗 DF ヴィクトル・ファン・デン・ボヘルト
23 トルコの旗 MF ギョルケム・サーラム (Flag of Germany.svg)
24 オランダの旗 GK コノール・ファン・デン・ベルフ
25 スウェーデンの旗 DF セバスティアン・ホルメン
26 ベルギーの旗 GK ヨルン・ブロンデール
27 ドイツの旗 DF デリック・ケーン (Flag of Ghana.svg)
43 オランダの旗 MF ヴェスレイ・スピリンフス
46 オランダの旗 DF ヨプ・ファン・デン・アフェルト

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍選手[編集]

in
No. Pos. 選手名
15 オランダの旗 FW オレ・ロメニー (NEC)
out
No. Pos. 選手名
12 オーストラリアの旗 DF ディラン・ライアン (オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリー)
No. Pos. 選手名
22 ニュージーランドの旗 GK マイケル・ウート (アルメレ・シティFC)

チームスタッフ[編集]

役職 名前 在籍年 契約年
監督 オランダの旗 アドリー・コスター 2018年- 2021
助監督 オランダの旗 ヘリー・フィンク 2018年- 2021
フィジカルトレーナー オランダの旗 チマ・オニェイケ 2018年- 2021
スカウト責任者 オランダの旗 ヘラルト・ヴィーレルト 2016年- 2021
GKコーチ オランダの旗 ハラルト・ワペナール 2016年- 2020

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

クラブ記録[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]