VEMAC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

VEMAC(ヴィーマック)とは、日本東京R&Dイギリスのヴィーマック・カー・カンパニーの設計によって生まれた少量生産スポーツカー。

Vemac 350R

概要[編集]

レーシングカー「カドウェル」の人気により、当時現場で指揮を取っていた畑川治(現 東京R&D顧問)が、東京R&D取締役の小野昌朗に「カドウェルのロードバージョンを作ろう」と提案したことが始まりだった。

開発はスポーツカーの本場とも言うべきイギリスで、小野の旧友で元レーシングドライバーのクリス・クラフト(Chris Craft)の協力のもと進められた。さらにVEMACを生産・販売するにあたり、IT事業家のヴァーノン・フォザリンガムの協力のもと、東京R&Dとの合弁で1998年に「VEMAC社」を設立した。

1999年、完成したクレイモデルがイギリスに輸送され、正式に「CRCadwell Road version)」プロジェクトと命名され、ボディ・シャーシなどの開発が進められた。そして2000年に「VEMAC RD180」の販売を開始した。

エンジンは自社開発した際のリスクを避けるべく、動力性能、環境性能において優れているホンダ製の直列4気筒エンジンを採用し、自社開発のトランスミッションをミドシップに縦置きにした。フレームは東京R&Dで実績のあるスチールチューブスペースフレームを採用し、それをイギリスで改良し、軽量化、高剛性化、安全性を向上させた。

車名の「VEMAC」とは、この車の開発に深く携わったヴァーノン(VErnon)、昌朗(MAsao)、クリス(Chris)の名前のアルファベットから取ったものである。

その後、VEMAC社100%の出資による「ヴィーマック・カー・カンパニー」がイギリスに設立された。社長はクリスの長男であるルーク・クラフトが就任。VEMACの製造と、現地での販売を行っている。

2004年にはフルモデルチェンジを行い、「VEMAC RD200」として製造・販売を行っている。

車種一覧[編集]

RD180[編集]

ホンダ製1.8L水冷 直4 DOHC VTEC B18Cエンジン(インテグラSIR-Gに搭載)を、縦置きミッドシップに搭載。それに合わせて新設計のトランスミッションを採用した。 ハンドルは本国に合わせて右仕様だが、レーシングカーのようにシフトレバーも右にある。車体が950Kgと軽いため、運動性能と加速性能は良い。

RD200[編集]

VEMAC・RD200
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン K20A型:2.0L 直4 DOHC i-VTEC
駆動方式 MR
最高出力 エンジン:220PS/8,000rpm
最大トルク エンジン:21.0kg·m/7,000rpm
変速機 6速MT
サスペンション 前/後:ダブルウィッシュボーン
全長 3,970mm
全幅 1,720mm
全高 1,100mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 890kg
先代 VEMAC・RD180
-自動車のスペック表-

RD180の後継車として、2004年から発売がスタートした。

ホンダ製2.0L水冷 直4 i-VTEC K20Aエンジン(インテグラTypeRに搭載)を搭載しているが、今回は縦置きではなく横置きである。RD180同様、シフトレバーは右にある。

車重は890Kgで、220PSを8,000rpmで発生させるため、運動性能、加速性能はRD180と同様(あるいはそれ以上)にいい。価格は867万3千円。

RD320R・RD350R・RD408R[編集]

三台ともレース車両として開発されたマシン。2002年から2012年にかけてSUPER GTのGT300クラスに参戦していた。詳細はR&D SPORTを参照のこと。

RD408H[編集]

2005年に発表。東京R&Dの電気自動車開発技術を活かして製作されたハイブリッドスポーツカー

エンジンはM-TEC製4.0LV8エンジン「MF408S」を搭載し、モーターはピューズ製の液冷ツインモーターを搭載。システム全体で802ps(エンジン598ps+モーター204ps)という高出力を発揮する。

現在のところ市販予定は無いが、東京R&Dではこの技術を発展させてレース参加や少量生産スポーツカーへの搭載を目標としているとのこと[1][注 1]。また、かつて鈴鹿市のショールームで 展示されていたこともあった。

注釈[編集]

  1. ^ 2007年1月29日時点でのアーカイブ。