ヴェネチアの紋章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ミュージカル・ロマンス[1]ヴェネチアの紋章』 -塩野七生作『聖マルコ殺人事件』より-(ヴェネチアのもんしょう)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。15場[1]

花組公演[1]。脚本・演出は柴田侑宏[1]

併演作品は『ジャンクション24[1]』。

花組トップコンビ・大浦みずきひびき美都の退団公演であった[2]

公演期間と公演場所[編集]

スタッフ[編集]

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両公演共通

  • 作曲・編曲:寺田瀧夫[3]吉田優子[3]
  • 音楽指揮:野村陽児(宝塚)[3]、清川知巳(東京)[5]
  • 振付:名倉佳代子[3]
  • 装置:大橋泰弘[3]
  • 衣装:任田幾英[3]
  • 照明:今井直次[3]
  • 小道具:万波一重[3]
  • 効果:川ノ上智洋[3]
  • 音響監督:松永浩志[3]
  • 演出補:正塚晴彦[3]
  • 舞台進行:高階弘之[3]
  • 製作担当:長谷山太刀夫(東京)[5]
  • 制作:飯島健[3]

主な配役[編集]

本公演
新人公演
  • アルヴィーゼ・グリッティ - 真琴つばさ[4]
  • リヴィア - 華陽子[4]
  • マルコ・ダンドロ - 愛華みれ[4]
  • オリンピア - 森奈みはる[4]
  • ヴィットリオ - 匠ひびき[4]
  • アンドレア・グリッティ - 橘沙恵[4]
  • プリウリ - 大舞夏織[4]
  • 大使ピエトロ・ゼン - 姿月あさと[4]
  • 宰相イブラヒム - 大伴れいか[4]
  • メリーナ - 霧原翔子[4]
  • レミーネ - 妃宮玲子[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 80年史 1994, p. 347、349.
  2. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 167.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 80年史 1994, p. 347.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 80年史 1994, p. 350.
  5. ^ a b c 80年史 1994, p. 349.
  6. ^ 80年史 1994, p. 351.

参考文献[編集]

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5。
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。