ヴェネツィアを舞台とした作品一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ヴェネツィア > ヴェネツィアを舞台とした作品一覧

ヴェネツィアを舞台とした作品一覧(ヴェネツィアをぶたいとしたさくひんいちらん)では、独特の景観から扱われることも多い都市ヴェネツィアを、舞台・モデルにして作られている様々な関連作品について説明する。

基本的に年順に掲載する。

ヴェネツィアを舞台とした作品[編集]

ヴェネツィアが登場する作品[編集]

  • 映画『007 ロシアより愛をこめて』 - 1963年制作。ラスト近くはヴェネツィアが舞台。エンド・クレジットに流れるマット・モンローの甘い歌声の主題歌がバックのヴェネツィアの街にぴったり合っていて、短いながらも印象的な使われ方をしている。
  • 映画『007 ムーンレイカー』- 1979年制作。
  • 映画『幸せになるためのイタリア語講座』- 2003年制作。
  • 映画『007 カジノ・ロワイヤル』 - 2006年制作。
  • 映画『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』 - 1989年制作。
  • 映画『ミニミニ大作戦』 - 2003年制作。物語冒頭で、サンマルコ広場でのシーンとヴェネツィアの運河を舞台としたボートチェイスが撮影されており、建造物保護の問題から撮影許可の申請に苦労したというこぼれ話がある。

ヴェネツィアをモデルとしている架空都市[編集]

独特の景観から、ヴェネツィアをモデルにして様々な作品の中で架空都市が作られている。