ヴェノム (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ヴェノム
VENOM
Venom (Brutal Assault 2014).jpg
チェコ『Brutal Assault 2014』公演
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
タインアンドウィア州ニューカッスル・アポン・タイン
ジャンル ヘヴィメタル[1][2]
スピードメタル
ブラックメタル[1][2]
スラッシュメタル[1]
グルーヴ・メタル
エクストリーム・メタル
NWOBHM[2]
活動期間 1979年 - 現在
レーベル ニート・レコード
Filmtrax
Under One Flag
SPV/Steamhammer
Castle
スパインファーム・レコード
公式サイト www.venomslegions.com
メンバー クロノス (Vo/B)
レイジ (G)
ダンテ (Ds)
旧メンバー マンタス (G)
アバドン (Ds)
ほか別記参照

ヴェノムVENOM)は、イングランド出身のスリーピースヘヴィメタルバンド

1980年代NWOBHM期に台頭したグループの一つ。「エクストリーム・メタル」の分野において、その音楽性・世界観の基礎を創り上げた始祖的な存在として知られる。

概要[編集]

1981年に1stアルバム『Welcome To Hell』を地元ニューカッスルのニート・レコードから発表。

1985年には『Possessed』を発表し、1987年には来日公演も果たす。来日直前にマンタス(g)が脱退、マイカス(g) ジム・クレア(g)の加入でツインギターとなる。その後クロノスが脱退しアル・バーンズ(g)、デモリッションマン(b/vo)が加入。

1997年の『Cast In Stone』発表時には結成当時のラインナップの再結成を果たすが、2000年にはアバドンが脱退しアントン(ds)が加入。2005年にはマンタスが脱退、マイカス(g)が復帰する。

2007年初頭にマイカスが再び脱退、2009年にはアントンに替わりダンテ(ds)が加入した。現在もバンドは活動を続けている。

アクシデント
  • 2006年9月に行われた「THRASH DOMINATION 06」に出演する予定であったが、クロノスが肺炎に罹り結局来日はキャンセルされた[3]
  • 2014年4月に予定されていた「KABUTO METAL 14」に出演が決まっていたが、今回も諸般の事情によりキャンセルとなった。

スタイル[編集]

フランス・クリソン公演 (2008年6月)

特徴としてよく挙げられるのは、状態の良くない録音、がなりたてるボーカルや特に初期の粗削りな演奏が「恐怖感」を掻き立てるホラー的な音楽性で、「恐怖」を前面に押し出したイメージやダークな世界観などで、音楽的には同世代の「モーターヘッド」と比較された。NWOBHM系バンドでも異色と評され、その音楽性は、後のスピードメタルスラッシュメタルブラックメタルなどを包括する「エクストリーム・メタル」の原点になった。しかし、演奏技術の向上やメンバーチェンジを経て、初期のような個性は徐々に薄れていき、バンドの人気は低迷の一途を辿ってしまう。

歌詞の中には、サタニズム地獄反キリストなど一般的に「不道徳」とされる言葉が並び、これらのテーマは様々なメタルバンドに影響を与えたが、ヴェノムの歌詞はあまりシリアスな雰囲気やグロテスクな感じを与えるものではない(これは曲の雰囲気が寄与するところもあるかもしれない)。またジャンル名のブラックメタルは彼等のセカンドアルバムに因んでいる。

メンバー[編集]

※2020年5月時点

現ラインナップ[編集]

旧メンバー[編集]

  • マンタス (Jeffrey "Mantas" Dunn) - ギター (1979-1985, 1989-1992, 1995-2002)
  • アバドン (Anthony "Abaddon" Bray) - ドラムス (1979-1992, 1995-1999)
  • ジーザス・クライスト (Clive "Jesus Christ" Archer) - ボーカル (1979-1980)
  • マイカス (Mike "Mykvs" Hickey) - ギター (1987, 2005-2007)
  • ジム・クレア (Jim Clare) - ギター (1987)
  • デモリッションマン (Tony "Demolition Man" Dolan) - ボーカル/ベース (1989-1992)
  • アル・バーンズ (Al Barnes) - ギター (1989-1991)
  • V.X.S (Trevor "V.X.S" Sewell) - キーボード (1991-1992)
  • ウォーマニアック (Steve "War Maniac" White) - ギター (1992)
  • アントン (Anthony "Antton" Lant) - ドラムス (1999-2002, 2005-2009)

ヴェノム INC.[編集]

ヴェノム INC.
VENOM INC.
Venom Inc. Metal Frenzy 2019 23.jpg
ドイツ・ガルデレーゲン公演(2019年6月)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル ヘヴィメタル
エクストリーム・メタル
NWOBHM
活動期間 2015年 - 現在
レーベル ニュークリア・ブラスト
メンバー マンタス (G)
トニー・ドーラン (B)
ジェレミー・クリング (Dr)
旧メンバー アバドン (Dr)

ヴェノム INC.VENOM INC.、ヴェノム・インコーポレーテッド)は、イングランド出身のスリーピースヘヴィメタルバンド

もう一つのヴェノム[編集]

創設メンバーの折り合いが悪い時期があり、時代によって集合離散を繰り返し、オリジナル・ラインナップはあまり長続きしなくなった。クロノスやマンタスは離脱した時期に、それぞれソロやリーダーバンド(「Cronos」「Mantas」「M-pire of Evil」など)を結成し、独自にヴェノムを継承した活動をした事もある。

2015年には、創設メンバー マンタス(G)とアバドン(Dr)に、旧メンバー トニー・ドーラン(デモリッションマン)(Vo/B)が合流して「VENOM INC.」を結成し、同年に来日公演も実現した[4]

2017年、1stアルバム『Avé』をリリース[5]。その後アバドンは降板してしまったが、新メンバーが加入して活動を継続している[6]

メンバー[編集]

※2020年5月時点

現ラインナップ[編集]

  • マンタス (Jeffrey "Mantas" Dunn) - ギター (2015- )
  • トニー・ドーラン (Tony "Demolition Man" Dolan) - ボーカル/ベース (2015- )
  • ジェレミー・クリング (Jeramie Kling) - ドラムス (2019- )

旧メンバー[編集]

  • アバドン (Anthony "Abaddon" Bray) - ドラムス (2015-2019)

ディスコグラフィ[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 1985 - From Hell To The Unknown
  • 1996 - Black Reign
  • 1993 - In Memorium
  • 1993 - Leave Me In Hell
  • 1994 - Skeletons In The Closet
  • 1997 - From Heaven To The Unknown
  • 2003 - Black Reign/Buried Alive
  • 2004 - ベスト・オブ・ヴェノム - In League with Satan[7]

ライブアルバム[編集]

  • 1985 - The Official Bootleg
  • 1986 - Eine kleine Nachtmusik
  • 1997 - The Second Coming Live At Dynamo'96
  • 2002 - Bitten
  • 2003 - Witching Hour

ヴェノム INC.[編集]

スタジオアルバム

  • 2017 - Avé

出典[編集]

  1. ^ a b c Venom reviews, music, news - sputnikmusic・2015年9月10日閲覧。
  2. ^ a b c Venom|Biography”. オールミュージック. All Media Guide. 2015年9月10日閲覧。
  3. ^ ヴェノム、無名ギタリストを迎えたニュー・アルバムをリリース! - CDjournal
  4. ^ メタル・レジェンドVENOMのメンバーによる新バンド"VENOM INC."の来日直前インタビュー公開!7/17-18、東阪で行われる奇跡の来日公演を前に"Mantas"(Gt)を直撃!”. 激ロック (2015年7月3日). 2018年11月6日閲覧。
  5. ^ ヴェノム Inc.「これは君たちのためのアルバムだよ」”. BARKS (2017年8月9日). 2020年5月22日閲覧。
  6. ^ Venom inc.インタビュー”. UPP-tone music (2019年6月23日). 2020年5月22日閲覧。
  7. ^ ベスト・オブ・ヴェノム”. Billboard Japan. 2019年5月1日閲覧。