ヴェルナー・シュラガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴェルナー・シュラガー Table tennis pictogram.svg
Schlager Werner 2006.jpg基本情報生年月日 (1972-09-28) 1972年9月28日(46歳)選手情報世界ランキング 最高1位(2003年6月)利き腕グリップ シェークハンドラケット シュラガーフォア面ラバー テナジー・05バック面ラバー テナジー・05戦型 ドライブ主戦型
 
獲得メダル
 オーストリア
卓球
世界卓球選手権
1999 アイントホーフェン 男子シングルス
2003 パリ 男子シングルス
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

ヴェルナー・シュラガー(Werner Schlager, 1972年9月28日- )は、オーストリア卓球選手。第47回世界卓球選手権パリ大会男子シングルス優勝者[1]

略歴[編集]

オーストリアのウィーナー・ノイシュタット出身。父親の影響で5歳から卓球を始める。幼い頃は卓球とともにサッカーもやっていたが、10代前半から卓球に専念するようになった。オーストリア国内でジュニアチャンピオンになった後、18歳の時にオーストリア代表チームに入る。フルタイムでの練習環境を確保するためにに所属し、それとともにITTFプロツアーなどの国際大会に積極的に参加して実力を高めていった。世界的には無名であったが、20代中盤から頭角を現し世界のトップへと成長を遂げた遅咲きの選手である。

1999年の世界選手権アイントホーフェン大会男子シングルスでは、偉関晴光ダミアン・エロワゾラン・プリモラッツを破り、3位に入賞し、オーストリア選手としては51年ぶりにメダルを獲得した[1]。2003年の世界選手権パリ大会男子シングルスで優勝し[1]、オーストリアに65年ぶり(男子シングルスとしては66年ぶり)のタイトルをもたらし、その年のオーストリアの年間最優秀スポーツ選手に選ばれ、記念切手まで作られた。

コンピュータに詳しく、自分でハードウェアを組み立てるのを趣味としている。

1995年~2006年に掛けてオーストリア選手権男子シングルスを12連覇している。

2011年世界選手権ロッテルダム大会を首の負傷により棄権している[1]

第52回世界選手権パリ大会以降、オーストリア代表から退いていたシュラガーだったが、2016年第53回世界選手権クアラルンプール大会を前にダニエル・ハベソーンが欠場したため、代役として代表に復帰した[2]

プレースタイル[編集]

前中陣に位置取り、クセのある予測しにくいフォームから両ハンドを的確にコースを狙って打ち分ける。先手を取られた時もほとんど下がらずに前でリスキーなカウンターを狙い、通常のヨーロッパ選手のように中後陣で打ち合う展開はあまり見られない。またサービスの名手としても知られ、一般的な順横回転やYGサービスなど、多彩かつ強烈なスピンのかかったサービスを操る。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「シュラガーが世界選手権ロッテルダム大会を棄権」”. 唐橋卓球 (2011年4月28日). 2012年10月27日閲覧。
  2. ^ シュラガーがDa.ハベソーンに代わり世界選手権代表入り”. 卓球王国 (2016年2月19日). 2019年9月7日閲覧。