ヴェルナー5世 (ヴォルムスガウ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヴェルナー5世(Werner V, 899年頃 - 935年頃)は、ナーエガウ伯、シュパイアーガウ伯、ヴォルムスガウ伯。歴史上最初に実在が確認できるザーリアー家の人物である。その生涯については不明な点が多く、様々な推測がなされている。それらによると、父はヴェルナー4世ドイツ語版、母は東フランク王コンラート1世の姉妹[1]シュヴァーベン大公ブルヒャルト2世の娘ヒヒャ[2]、または東フランク王コンラート1世の娘[3]と結婚し、後にロートリンゲン大公となるコンラート(赤公)をもうけた。

脚注[編集]

  1. ^ Andreas Thiele: Erzählende genealogische Stammtafeln zur europäischen Geschichte Band I, Teilband 1, 1993
  2. ^ Rüdiger E. Barth: Der Herzog in Lotharingien im 10. Jahrhundert. 1990
  3. ^ Detlev Schwennicke: Europäische Stammtafeln Neue Folge Band I. 1, 1998