ヴォウルカシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヴォウルカシャは、ゾロアスター教における天海である。これはアフラ・マズダーによって作られ、中心には、Harvisptokhm、または"すべての種の実る木"があるとされる[1]

神話[編集]

Vendidadによると、アフラ・マズダはヴォウルカシャの清らかな水を地上を浄化するため、また水を天海Puitikaに送り返すために地上に落とした[1]。 この現象は後に潮の満ち引きとして解釈された[1]。ヴォウルカシャの中心にはHarvisptokhm、または"すべての種の実る木"が位置するとされ、この木は世界に存在するすべての植物の種を含むとされる[1]。木の上には大枝を破壊し、種をまき散らす原因となるSinamruの鳥が棲んでいるともされる[1]

またヴォウルカシャの中心には"癒しの木の王"ガオケレナまたは"白いハオマの巨木"があるとも考えられている[2]。これらは1万の他の癒しの植物に囲まれているとされる[2]

その他[編集]

後に、ヴォウルカシャはアラビア海オマーン湾のPuitikaと結びつけられた[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Darmesteter, Pg 54
  2. ^ a b Darmesteter, Introduction, Pg lxix

参考文献[編集]