ヴォスクオーレ仙台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴォスクオーレ仙台
原語表記 ヴォスクオーレ仙台[1]
呼称 ヴォスクオーレ仙台[1]
クラブカラー      黄、    
創設年 2012年
所属リーグ 日本フットサルリーグ
所属ディビジョン Fリーグディビジョン1
ホームタウン 宮城県仙台市[1]
ホームスタジアム
Arena of the Kameiarena sendai.jpg
カメイアリーナ仙台
収容人数 5,705
運営法人 株式会社ヴォスクオーレ仙台[1]
代表者 坂本理
監督 ホセ・フェルナンデス
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ
株式会社ヴォスクオーレ仙台
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
982-0011
宮城県仙台市太白区長町5-13-27-2F
設立 2014年4月28日
業種 サービス業
事業内容 フットサルチームの運営・企画、グッズ販売等
代表者 坂本理
資本金 1020万円
テンプレートを表示

ヴォスクオーレ仙台(ヴォスクオーレせんだい、Voscuore Sendai)は、日本宮城県仙台市をホームタウンとする[1]日本フットサルリーグ(Fリーグ)に加盟するフットサルクラブ。

歴史[編集]

Fリーグ加盟以前[編集]

1998年にディアボーイズ仙台として発足し、東北フットサルリーグに参加。2012年にディアボーイズ仙台が解散し、クオーレ仙台に改称して再出発した[2]。2013年3月にはヴォスクオーレ仙台に改称し、同時にFリーグ準会員に認定された[3]。「Voscuore」とは伊達政宗の時代から仙台に縁の深いイタリア語で、杜(森)を表す「BOSCO」と勇気や志を表す「CUORE」を、「BOSCO」の頭文字を勝利の象徴である「V」に変えて掛け合わせた造語。「VOS」はラテン語で「あなた達の」の意味でもあり、地域に根差すクラブを表す[4]

2013-14シーズン途中の2013年10月には元サッカー選手(ベガルタ仙台)の千葉直樹が加入[5]2014-15シーズンから日本フットサルリーグ(Fリーグ)に加盟した。

2014-15シーズン[編集]

Fリーグ加盟に合わせ、2014年4月に運営会社を株式会社化。経営基盤の確立を図る[6]。株式会社化すると同時に、クラブ代表者(代表取締役社長)が旧運営法人の一般社団法人代表理事であった中野歩から、ベガルタ仙台・福島ユナイテッドFCでフロントスタッフを歴任し、現在もなおFIFA公式エディターを務める鈴木英寿に交代。一般社団法人はスクール事業等を引き続き運営する。[7]

湘南ベルマーレからクロモト佐々木諒今井翔を獲得。アグレミーナ浜松から中島涼太を獲得した。また地元宮城出身の伊藤尚人をデウソン神戸から、藤巻孝平を東北1部フットサルリーグのBANFF SENDAIから特別指定選手にて獲得した。Fリーグ参戦初年度は苦しい闘いを強いられ、12チーム中11位でシーズンを終える。2014-15シーズン終了後に比嘉リカルド監督が退任。

また、2014-15シーズンからサテライトチームが東北フットサルリーグに所属している。サテライトチームはこのシーズンを1位で終え、FUTSAL地域チャンピオンズリーグにも出場して3位となった。全日本フットサル選手権には東北代表として出場した。

2015-16シーズン[編集]

2015-16シーズンにはサテライト監督であった佐藤隆行がトップチーム監督に就任。湘南ベルマーレから冨田祐耶、久光邦明、森脩を、バサジィ大分から日本代表経験のある村山竜三を、ペスカドーラ町田から同じく日本代表経験のある狩野新をそれぞれ獲得。8月には新監督としてFCバルセロナの下部組織等での指導経験をもつホセ・フェルナンデスを招聘[8][9]。佐藤はコーチとしてチームに留まる[10]

このシーズンは12連敗を含む23戦連続未勝利と苦しみ、12チーム中最下位でシーズンを終えた。サテライトチームは東北フットサルリーグ2位となり、東北代表として全日本フットサル選手権に出場した。シーズン終了後、トップチームの10選手が退団した(1選手は後に復帰、1選手はスーパーバイザーに就任)[11][12][13]と、鈴木英寿社長の任期満了に伴う退任[14]

2016-17シーズン[編集]

2016-17シーズン前にはトップチームに8選手が加入(うち2選手は特別指定選手)[15][16][17][18]

このシーズンも12チーム中最下位でシーズンを終えた。

2017-18シーズン[編集]

第4節終了後に、クロモト以来となる外国籍選手3名が加入した[19]。 この後徐々にチーム成績が向上し、チーム初となるFリーグ連勝などを記録、過去最高となる9位でシーズンを終えた。

2018年1月18日、Fリーグが2018-2019シーズンから2部制を導入するにあたって新設されるFリーグディビジョン1(F1)へ参加することが決定した[1]

成績[編集]

トップチーム[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得失 オーシャン杯 全日本選手権 監督
2012-13 東北1部 2位 32 14 10 2 2 58 22 +36 - 一次ラウンド敗退 比嘉リカルド
2013-14 東北1部 2位 32 14 10 2 2 61 23 +38 - 一次ラウンド敗退 比嘉リカルド
2014-15 Fリーグ 11位 15 33 3 6 24 59 129 -70 1回戦敗退 一次ラウンド敗退 比嘉リカルド
2015-16 Fリーグ 12位 14 33 4 2 27 43 118 -75 グループリーグ敗退 一次ラウンド敗退 佐藤隆行
ホセ・フェルナンデス
2016-17 Fリーグ 12位 12 33 3 3 27 62 146 -84 - 一次ラウンド敗退 ホセ・フェルナンデス
2017-18 Fリーグ 9位 26 33 8 2 23 66 127 -61 2回戦敗退 一次ラウンド敗退 ホセ・フェルナンデス
2018-19 Fリーグ 9位 35 33 9 8 16 78 103 -25 2回戦敗退 3位 ホセ・フェルナンデス
2019-20 Fリーグ 33 2回戦敗退 ホセ・フェルナンデス

サテライト[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得失 地域CL 全日本選手権 監督
2014-15[20] 東北1部 1位 33 14 10 3 1 71 30 +41 3位 一次ラウンド敗退 佐藤隆行
2015-16[21] 東北1部 2位 30 14 10 0 4 60 44 +16 - 一次ラウンド敗退 -
佐藤隆行
中島涼太
2016-17[22] 東北1部 3位 23 14 7 2 5 47 43 +4 - 東北予選敗退 中島涼太

ホームゲーム開催実績[編集]

シーズン ゼビオ カメイ 青葉 塩釜 その他 観客動員数 1試合平均
2014-15 3試合 3試合 3試合 2試合 --- 9348人 850人
2015-16 3試合 3試合 3試合 2試合 --- 10286人 935人
2016-17 --- 6試合 3試合 4試合 白石1試合 9899人 707人
2017-18 3試合[23] 3試合 2試合 3試合 --- 8421人 766人
2018-19 2試合 4試合 1試合 3試合 由利本荘防災1試合 10414人 947人
2019-20 --- 4試合 2試合 4試合 由利本荘防災1試合

選手[編集]

2019-20シーズン所属選手[編集]

  • 1 GK 日本の旗 柿原聡一朗
  • 5 FP 日本の旗 柴田孝平
  • 6 FP 日本の旗 荒牧太郎
  • 7 FP 日本の旗 小野寺那央
  • 8 FP 日本の旗 田村研人
  • 9 FP 日本の旗 森村孝志
  • 10 FP 日本の旗 藤山翔太
  • 11 FP 日本の旗 井上卓
  • 12 FP ブラジルの旗 アラン・ギタヒ
  • 13 FP 日本の旗 堀内迪弥
  • 14 FP 日本の旗 内野脩麻
  • 15 FP 日本の旗 クシヤマ・イザケ
  • 17 GK 日本の旗 鈴木紳一朗
  • 18 FP 日本の旗 丸山将輝
  • 19 FP 日本の旗 加藤翼
  • 26 FP 日本の旗 坂口勇樹
  • 28 GK 日本の旗 税田拓基


歴代所属選手[編集]

記録[編集]

Fリーグ[編集]

2018-19シーズン終了時点

連勝
  • 3連勝 (2017-2018 第12節 vsデウソン神戸~第14節 vs湘南ベルマーレ 他)
連続無敗
  • 5戦 (2017-2018 第24節 vsエスポラーダ北海道~第28節 vsバサジィ大分 他)
連敗
  • 12連敗 (2015-2016 第10節 vsフウガドールすみだ~第21節 vs府中アスレティックFC)
連続未勝利
  • 23戦 (2015-2016 第10節 vsフウガドールすみだ~第32節 vsデウソン神戸)
最多得点
  • 6-3 (2016年8月7日・第8節 vsエスポラーダ北海道)
  • 6-5 (2017年12月3日・第28節 vsバサジィ大分)
最大得点差勝利
  • 5-1 (2016年10月16日・第14節 vsバサジィ大分)
最多失点
  • 1-12 (2017年2月11日・第32節 vs名古屋オーシャンズ)
最大失点差敗戦
  • 1-12 (2017年2月11日・第32節 vs名古屋オーシャンズ)
ホームゲーム最多観客動員
  • 1505人 (2018年10月8日・第16節 vsペスカドーラ町田 ゼビオアリーナ仙台)
ホームゲーム最少観客動員
  • 512人 (2016年11月12日・第19節 vs府中アスレティックFC 塩釜ガス体育館)

チーム通算対戦成績と得失点(Fリーグ)[編集]

2018-19年シーズン終了時点

対戦チーム リーグ戦
エスポラーダ北海道 4 1 10 37 47
バルドラール浦安 1 3 11 29 56
フウガドールすみだ 3 1 11 32 65
立川・府中アスレティックFC 1 2 12 19 60
ペスカドーラ町田 1 4 10 23 52
湘南ベルマーレ 4 3 8 21 44
アグレミーナ浜松 4 5 6 35 39
名古屋オーシャンズ 0 0 15 20 83
シュライカー大阪 0 0 15 28 78
デウソン神戸 2 0 10 18 41
バサジィ大分 6 1 8 41 53
Fリーグ選抜 1 1 1 5 5
27 21 117 308 603

記念ゴール (Fリーグ)[編集]

号数 達成選手 達成年月日 対戦相手 会場
1 佐々木諒 2014年6月28日 湘南 代々木
100 佐々木諒 2015年12月19日 浜松 町田
200 アレハンドロ・メディナ・ロペス 2017年10月9日 浦安 ゼビオ
300 内野脩麻 2019年1月13日 北海道 きたえーる

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 黄色 黄色
FP(2nd)
GK(1st) 水色 水色 水色
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd
クラブカラー

    黄色、    

ユニフォームスポンサー

以下、「2014-19」は「2014-15シーズンから2018-19シーズン」の意。

提出個所 スポンサー名 表記 提出年
株式会社ウェルファムフーズ 森林どり 2019-20
背上部
背下部 東北レヂボン株式会社 東北レヂボン 2017-20
肩(鎖骨) 株式会社ホットハウス ホットハウス 2015-20
パンツ表 株式会社阿部蒲鉾店 阿部かま 2014-20
パンツ表 株式会社ライフサポートシステム LIFE SUPPORT SYSTEM 2016-20
パンツ裏
パンツ裏
過去のユニフォームスポンサー
  • 株式会社MESSEコーポレーション (FUT MESSE!) (2014-16)
  • 株式会社ツアーウエーブ (2014-16)
  • 中川企画建築株式会社 (2014-16)
  • 株式会社東武 (2014-17)
  • 株式会社オブジェクション (トレッカ.com) (2015-17)
ユニフォームサプライヤー
  • サッカー グッド・デザイン株式会社(sakka)[24] (2018-)
  • ゴルジャパン(gol.) (2015-18)
  • アディダス (2014-15)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f “日本フットサルリーグ フットサル中期ビジョンと2018/2019シーズン以降の取り組みについて” (プレスリリース), 日本フットサルリーグ, (2018年1月18日), http://www.fleague.jp/news/?p=40110 2018年2月10日閲覧。 
  2. ^ チーム概要”. ヴォスクオーレ仙台. 2016年4月23日閲覧。
  3. ^ Fリーグ準会員に新規参入クラブが正式に決定 Fリーグ公式サイト 2013.3.18
  4. ^ プロフィール”. ヴォスクオーレ仙台. 2016年4月23日閲覧。
  5. ^ ヴォスクオーレ仙台に、千葉直樹選手(元ベガルタ仙台)が加入! Fリーグ公式サイト 2013.10.2
  6. ^ フットサルのヴォスクオーレ仙台 あす開幕戦 河北新報(2014年6月26日)
  7. ^ 株式会社ヴォスクオーレ仙台 2014/2015シーズン役員・運営体制のお知らせ”. ヴォスクオーレ仙台 (2014年6月27日). 2016年4月23日閲覧。
  8. ^ ホセ・フェルナンデス新監督就任のお知らせヴォスクオーレ仙台(2015年8月5日)
  9. ^ <Fリーグ仙台>攻撃的に変貌させたい河北新報(2015年8月7日)
  10. ^ 佐藤 隆行監督退任のお知らせヴォスクオーレ仙台(2015年8月5日)
  11. ^ 退団選手のお知らせ”. ヴォスクオーレ仙台 (2016年3月7日). 2016年6月18日閲覧。
  12. ^ 退団選手のお知らせ”. ヴォスクオーレ仙台 (2016年4月28日). 2016年6月18日閲覧。
  13. ^ ヴォスクオーレ仙台スーパーバイザー 千葉直樹氏就任のお知らせ”. ヴォスクオーレ仙台 (2016年6月6日). 2016年6月18日閲覧。
  14. ^ 代表取締役社長 鈴木英寿 退任のお知らせ”. ヴォスクオーレ仙台 (2016年6月1日). 2016年6月18日閲覧。
  15. ^ 新加入選手のお知らせ”. ヴォスクオーレ仙台 (2016年3月31日). 2016年6月18日閲覧。
  16. ^ 米山和樹選手 復帰のお知らせ”. ヴォスクオーレ仙台 (2016年5月23日). 2016年6月18日閲覧。
  17. ^ トップチーム選手追加登録のお知らせ”. ヴォスクオーレ仙台 (2016年6月8日). 2016年6月18日閲覧。
  18. ^ 特別指定選手承認のお知らせ”. ヴォスクオーレ仙台 (2016年6月8日). 2016年6月18日閲覧。
  19. ^ “新加入選手のお知らせ” (プレスリリース), ヴォスクオーレ仙台, (2017年6月27日), http://www.voscuore.co.jp/archives/11518 2018年2月12日閲覧。 
  20. ^ 第12回東北フットサルリーグ1部 成績表”. 東北サッカー協会. 2016年4月23日閲覧。
  21. ^ SuperSports XEBIO 東北Fリーグ 1部 成績表”. 東北サッカー協会. 2016年4月23日閲覧。
  22. ^ SuperSports XEBIO 東北フットサルリーグ2016 1部”. 東北フットサル連盟. 2017年2月21日閲覧。
  23. ^ 6クラブ共同開催の2試合を含む
  24. ^ ユニフォームオフィシャルサプライヤー契約のお知らせ”. ヴォスクオーレ仙台 (2018年4月23日). 2018年4月29日閲覧。
  25. ^ 公式女子マネージャー就任のお知らせ”. ヴォスクオーレ仙台 (2016年6月24日). 2016年10月24日閲覧。
  26. ^ 公式女子マネージャー”. ヴォスクオーレ仙台. 2016年10月24日閲覧。