ヴォルデマール (リッペ侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴォルデマール
リッペ侯
Woldemar of Lippe.jpg
在位 1875年12月8日 - 1895年3月20日
出生 1824年4月18日
リッペ侯国デトモルト
死去 1895年3月20日
リッペ侯国デトモルト
配偶者 ゾフィー・フォン・バーデン英語版
王家 リッペ家
父親 レオポルト2世
母親 エミリエ・フォン・シュヴァルツブルク=ゾンダースハウゼン
テンプレートを表示

ヴォルデマールドイツ語: Woldemar1824年4月18日 - 1895年3月20日)は、リッペ侯国の君主(在位:1875年 - 1895年)。

生涯[編集]

ヴォルデマールはリッペ侯レオポルト2世とエミリエ・フォン・シュヴァルツブルク=ゾンダースハウゼンの三男として、デトモルトで生まれた[1]。1858年11月9日、カールスルーエヴィルヘルム・フォン・バーデン英語版の娘ゾフィー・フォン・バーデン英語版と結婚した[1]

1875年12月8日に兄のレオポルト3世が死去すると、ヴォルデマールはリッペ侯国を継承した[2]。1892年、ヴォルデマールはドイツ諸国の君主たちとともにベルリンで皇帝ヴィルヘルム2世との集会に参加した。その集会において、ヴィルヘルム2世がその場に集まった君主たちを家臣のように形容すると、ヴォルデマールはヴィルヘルム2世の演説を遮って「いいえ、あなたの家臣ではありません。同盟者とでもいいましょうか」と異議を唱えた。この出来事はヴィルヘルム2世が「ドイツ人皇帝」だけでなく「ドイツの皇帝」になりたいという野心に最後の一撃英語版を与えた[3]

継承争い[編集]

ヴォルデマールの死後、弟のアレクサンダーがリッペ侯国を継承したが、アレクサンダーは精神に異常をきたしており、1870年に禁治産者と認定された。また1893年には摂政が必要となった[4]。ヴォルデマールはこの状況を予想して、遺言状でヴィルヘルム2世の義弟アドルフ・ツー・シャウムブルク=リッペを摂政に指名した[2]

しかし、ヴォルデマールの決断はリッペ家の2つの分家で10年間続いた紛争を引き起こした。すなわち、摂政に指名されたシャウムブルク=リッペ家と摂政の権利を主張したリッペ=ビースターフェルト家英語版(家長はエルンスト・ツア・リッペ=ビースターフェルト)の2家であった。紛争は数々の妥協を経て1905年に決着した。

脚注[編集]

  1. ^ a b Huberty, Michel; Giraud, Alain; Magdelaine, F. and B. (1979). L'Allemagne Dynastique, Tome II. France: Laballery. p. 337. ISBN 2-901138-02-0. 
  2. ^ a b “Death of Prince of Lippe”. New York Times. (1895年3月21日). p. 5 
  3. ^ “The Indiscretions Of The Many Sided Kaiser”. New York Times. (1909年4月12日). p. SM9 
  4. ^ Beéche, Arturo E. (2006年10月). “A Headless House? The Dynastic Dispute of the House of Lippe”. European Royal History Journal (LIII): 13. 

関連図書[編集]

ヴォルデマール
リッペ家

1824年4月18日 - 1895年3月20日

爵位
先代:
レオポルト3世
リッペ侯
1875年 - 1895年
次代:
アレクサンダー