出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
平仮名
文字 Ligature hiragana koto.gif
字源 こと
JIS X 0213 -
Unicode -
片仮名
文字 Katakana digraph Koto.svg
字源
JIS X 0213 1-2-24
Unicode U+30FF (ヿ)
言語
言語 ja
ローマ字
ヘボン式 koto
訓令式 koto
JIS X 4063 koto
発音
IPA koto
種別
清音

Ligature hiragana koto.gif (こと)ヿ (コト) は、仮名の一つである。

字源[編集]

Ligature hiragana koto.gif」は「こと」の合字である。

「ヿ」は「事」の草書の上部である。

用例[編集]

「ヿ」は、近世から現代の日本で使用されている。

  • 「僕ハ迚モ君ニ再会スル(コト)ハ出来ヌト思ウ。」[1]
  • 「旅客手迴リ荷物其外所持ノ品タリ𬼀(シテ)總テ之カ爲ニ別段ニ賃金ヲ拂ヒ其受取證書ヲ取置カサレハ若シ紛失毀損等アル𪜈(トモ)政府ニ於テ關係セサルヘシタトヒ賃金ヲ拂ヒ證書ヲ取置𪜈(トモ)其毀損紛失等ヲ償フハ只旅客自用衣服ノミニ止リ且償金モ五十圓ニ過ル(コト)ナシ」『鐵道略則』(明治五年五月四日太政官布告第百四十六号)[2]

符号位置[編集]

  • 「ヿ」は、2000年にJIS規格JIS X 0213符号化文字集合に追加され、Unicode 3.2にも追加された[3]
  • Ligature hiragana koto.gif」はコードが策定されておらず、表示する環境も統一されていない。PC等でテキストとして表示するには利用者が各自でフォントファイル等を用意する必要がある。
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+30FF 1-2-24 ヿ
ヿ
コト

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『『吾輩は猫である』中篇自序』:新字新仮名 - 青空文庫
  2. ^ 鐵道略則 - Wikisource”. ja.wikisource.org. 2020年1月18日閲覧。
  3. ^ The Unicode Standard, Version 3.2 (PDF)” (英語). Katakana Range: 30A0-30FF. Unicode, Inc. (2002年3月). 2012年8月3日閲覧。

関連項目[編集]