出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

は、ハングルを構成する複合終声字母のひとつ。 字母を組み合わせて終声に用いたもの。名称はビウシオッ(비읍시옷)。/ㅂ/系の終声。

語末や子音の前では終声の//で発音され、次の音節母音で始まる場合は、その音節の初声に//が現れる(終声の表記としてはㅄなので、母音が続いた場合、初声に/ㅅ/が現れてそれが濃音化により実質/ㅆ/となると便宜的に説明されることもある)。

  • 값 → [갑]
  • 값 + 과 → [갑꽈]
  • 값 + 이 → [갑씨]
  • 없다 → [업따]
  • 없 + 어 → [업써]

初声としてのㅄ[編集]

古くはㅂ系合用並書の字母の一つとして初声でㅄが用いられた。中期朝鮮語では複合子音[ps]、近代朝鮮語ではㅅの濃音(現在のに相当)を表していたとされる。現在ではㅄは初声としては用いられない。

Unicodeにおける文字コード
名称 種類 コード HTML実体参照コード 表示
HANGUL LETTER BIEUP-SIOS 単体 U+3144 ㅄ
HANGUL CHOSEONG BIEUP-SIOS 初声用 U+1121 ᄡ
HANGUL JONGSEONG BIEUP-SIOS 終声用 U+11B9 ᆹ
音価 終声字 複合終声字
, ,
, , , , , ,    
, (),
, , , , ()  
,