一ノ瀬俊明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一ノ瀬 俊明(いちのせ としあき、1963年6月15日 - )は、日本地理学者土木工学者、国立環境研究所社会環境システム研究センター主任研究員[1]ヒートアイランド現象など、都市環境における気候の解析を中心に、様々な研究を行なっている[2]

中国語圏で活動する際には、頼 俊明 (Lai Junming) という名義を用いることが多い[3]

経歴[編集]

長野県出身。長野県諏訪清陵高等学校卒業。1987年東京大学理学部地学科地理学専修を卒業して、都市工学を専攻して大学院工学系研究科に進み、1989年に修士課程を修了して農林水産省林野庁に入ったが、翌1990年には東京大学助手となった[1]1996年に「細密地理情報にもとづく都市のエネルギー消費と都市熱環境の解析」で博士(工学)を取得し[4]国立環境研究所地球環境研究センター主任研究員に転じた[1]。同年には土木学会の論文奨励賞を受賞した[5]

1998年から1999年にかけて、ドイツフライブルク大学に気象学科客員研究員として留学した[2]

その後、2001年から上海市華東師範大学地理学系顧問教授、2004年から2008年にかけて千葉大学大学院客員准教授[2]、2008年から連携大学院である名古屋大学大学院環境学研究科客員教授を兼ねるようになった[1][6]。この間、2006年には、国立環境研究所内の再編により、社会環境システム研究領域主任研究員となった[1]

学生時代から、長く地理情報システム (GIS) を用いた都市の熱環境システムを研究し,「この分野における先駆け的研究者」と評される業績を残したとして、2016年には「都市における熱環境の解析と改善策に関する研究」の功績に対して、環境科学会学術賞を贈られた[1]

2018年6月7日、科学教育への功績によりつくば市から「つくば科学教育マイスター」に認定された[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 表彰委員会. “2016 年度表彰報告 (PDF)”. 環境科学会. 2018年3月30日閲覧。
  2. ^ a b c ICHINOSE Toshiaki Senior Researcher 一ノ瀬 俊明”. 国立環境研究所. 2018年3月30日閲覧。
  3. ^ 一ノ瀬俊明 (2000年10月). “都市計画のための気候解析” (PDF). 国立環境研究所ニュース 19 (4): p. 9. https://www.nies.go.jp/kanko/news/19/19-4.pdf 2018年3月30日閲覧。 
  4. ^ 細密地理情報にもとづく都市のエネルギー消費と都市熱環境の解析”. 国立国会図書館. 2018年3月30日閲覧。
  5. ^ 平成8年度土木学会賞受賞一覧”. 土木学会. 2018年3月30日閲覧。
  6. ^ 教員一覧”. 名古屋大学国際環境人材育成プログラム. 2018年3月30日閲覧。
  7. ^ “「科学教育マイスター」に一ノ瀬さん 環境問題で出前授業”. 東京新聞. (2018年6月8日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201806/CK2018060802000163.html 2018年6月8日閲覧。