一代のぼる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一代 のぼる(いちだい のぼる、1937年10月20日 - 2000年4月29日[1]、本名:首藤正毅)は、大分県臼杵市佐志生出身の作曲家である[2][3]。代表曲は、松村和子が歌った「帰ってこいよ」。

略歴[編集]

臼杵市立豊洋中学校を卒業後、津久見市の大分県柑橘試験場津久見分場で学び、家業のミカン栽培に携わった。24歳の時に上京し、流しのかたわら、作曲を独学した[3]

千昌夫小林旭水前寺清子村田英雄らの楽曲を作曲[2][3]。代表曲の「帰ってこいよ」は、1980年発売の松村和子のデビュー曲で、翌1981年の「第32回NHK紅白歌合戦」でも歌われた。「一代のぼる」の名付け親は作詞家の星野哲郎である[2]

代表曲[編集]

  • 「おしてもだめならひいてみな」(水前寺清子 1968年)
  • 「東京でだめなら」(水前寺清子 1969年)
  • 「夕焼け雲」(千昌夫 1976年) - 第34回NHK紅白歌合戦歌唱曲
  • 「ショーがないね節」(小林旭 1976年)
  • 「帰ってこいよ」(松村和子 1980年) - 第32回NHK紅白歌合戦歌唱曲

脚注[編集]

  1. ^ 大分合同新聞の記事によると1999年没。
  2. ^ a b c 臼杵の誇り 一代のぼるさんの記念碑が完成 大分合同新聞、2012年4月26日
  3. ^ a b c 一代のぼる:臼杵の渡船場に建立、歌碑を除幕 “帰ってこいよ”の音符刻む 29日には十三回忌 毎日新聞、2012年4月26日