一休さん (2012年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一休さん
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 樹下直美
原作 東映アニメーション
脚本 高橋ナツコ
出演者 鈴木福
字幕 文字多重放送
エンディング 「みんなの一休さん」(一休さんとCO.Boys)
一休さん
放送時間 土曜21:00 - 23:10
放送期間 2012年6月30日(1回)
一休さん2
放送時間 日曜19:00 - 20:54
放送期間 2013年5月5日(1回)
テンプレートを表示

一休さん』(いっきゅうさん)は、2012年6月30日フジテレビの『土曜プレミアム』で放送されたテレビドラマ。視聴率11.9%[1]

ここでは、2013年5月5日に放送された続編『一休さん2』についても記述する。

概要[編集]

名作『一休さん』4回目のスペシャルドラマ化。『一休さん』のSPドラマは2004年1月8日に同局で放送した『えなりかずきの一休さん』(主演:えなりかずき)以来8年半ぶりだが、これは一休が室町時代から現代(2004年)にタイムスリップするという設定のため、一貫して室町時代が舞台だったのは、1986年11月17日に同局の『月曜ドラマランド』で放送した『一休さんII』(主演:浅香唯)以来、実に約26年ぶり。

主演は同局の『マルモのおきて』で人気を上げた鈴木福で、彼にとっては初のゴールデンタイムでの主演作となる。また鈴木は当時8歳であり、1985年8月12日に『月曜ドラマランド』で放送した『一休さん』の主演者・富田靖子(当時16歳)をはるかに下回る最年少記録である。さらに、かつてテレビ朝日系列で放送されたアニメ『一休さん』で一休を演じた藤田淑子が、ナレーターを担当している。

なお本作の原作名義は、前述のアニメを製作した「東映アニメーション」(当時:東映動画)となっている。

2013年5月5日に続編『一休さん2』が放送された[2]。視聴率8.7%。これに先立ち、前日の5月4日15:00 - 17:00(『土曜ワイド』)で本作が再放送された。

キャスト[編集]

第1回
第2回

主題歌[編集]

「みんなの一休さん」

スタッフ[編集]

補足[編集]

  • 『一休さん2』が放送される前、直前番組『サザエさん』の提供コメントが終了後、一休が「パー」の札を持って登場し、「一休です。負けました[3]。とんち勝負なら負けません。『一休さん2』はこの後すぐ。ウフフフ…」と、『サザエさん』エンディングのパロディで告知していた。当時『サザエさん』終了後の直後番組へのジャンクションは原則として行わなかったため、これは珍しいケースだった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “一休さん:視聴率11.9% 鈴木福のゴールデンタイム初主演SPドラマ”. まんたんウェブ (毎日新聞社). (2012年7月2日). http://mantan-web.jp/2012/07/02/20120702dog00m200006000c.html 2012年7月4日閲覧。 
  2. ^ “鈴木福の『一休さん』第二弾が5月5日、子どもの日に放送決定。スペシャルドラマ『一休さん2』”. こちらフジテレビ (フジテレビジョン). (2013年4月5日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2013/i/130405-i058.html 
  3. ^ この日放送された『サザエさん』のエンディングじゃんけんでは、サザエは「チョキ」を出していた。