一光硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一光硬式野球部
チーム名(通称) 一光
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1994年
廃部 2007年
チーム名の遍歴

  • 一光 (1994 - 2007)
本拠地自治体

都市対抗野球大会
出場回数 1回
最近の出場 2002年
最高成績 1回戦敗退
社会人野球日本選手権大会
出場回数 3回
最近の出場 2006年
最高成績 ベスト4(2003年)
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

一光硬式野球部(いっこうこうしきやきゅうぶ)は、愛知県名古屋市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球の企業チームである。合宿所は同県愛知郡長久手町(現:長久手市)、練習グラウンドは同県西加茂郡藤岡町(現:豊田市)に所在していた。2007年に解散した。

運営母体は、石油販売業者の一光

概要[編集]

1994年、中部地方を中心にガソリンスタンドを展開する一光の硬式野球部として創部。

激戦区である東海地区で全国大会の出場を前に足踏みが続いていたことから、1997年熊谷組からアマチュア選手として実績のあった林敏之を監督に招聘するが、2000年に成績不振により社長の矢野裕美子から同年後半の活動自粛を命じられ、選手たちは各地のガソリンスタンドで社業に専念した。

しかし、2001年には初の全国大会となる日本選手権に初出場を決め、翌2002年には都市対抗野球東海地区予選を突破し、東海第3代表として本戦に初出場を果たした。

2003年には、日本選手権で全国大会初勝利を挙げるとベスト4まで進む快進撃を見せた。

2004年は、都市対抗野球本大会には出場を逃すも、同部所属の田中明投手王子製紙補強選手として出場し、抑えとして優勝に貢献。自身は、橋戸賞を獲得した。翌2005年西濃運輸の補強選手として出場している(1回戦敗退で敗戦投手)。

2007年夏、原油価格の高騰による本社の経営逼迫が原因として同年限りで廃部との報道がなされ、日本選手権予選での敗戦後に廃部が決定。14年間の活動に幕が下ろされた。

設立・沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

出身プロ野球選手[編集]

元プロ野球選手の競技者登録[編集]

かつて在籍していた選手[編集]

関連項目[編集]