一六本舗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 一六本舗
Ichiroku Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
791-1123
愛媛県松山市東方町甲1076-1
設立 1883年
業種 食料品
事業内容 和洋菓子の製造販売
代表者 代表取締役 玉置泰
外部リンク http://www.itm-gr.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社一六本舗(いちろくほんぽ)は、愛媛県松山市に本社を置く製菓メーカーで、ITM(ICHIROKU TOTAL MIXTURE)グループにおける中核企業でもある。

概要[編集]

1883年(明治16年)創業で、創業年の「16」が社名の由来。松山市の代表的な老舗企業である。

タルトのほか、醤油餅等の郷土菓子ケーキなど、和洋菓子全般を幅広く製造販売している。 特にタルトは、いよてつ髙島屋をはじめとした県内主要百貨店・スーパー(とりわけITM系列であるセブンスターには全店舗に一六の店舗が併設されている。)、JR松山駅四国キヨスク)など県内駅売店、松山空港売店、高速道路のサービスエリア石鎚山サービスエリア他県内および周辺他県多数のサービスエリアパーキングエリア売店)、土産物店、道後温泉など松山近郊のホテル旅館等の土産物販売コーナーなど、取扱店舗は多く、容易に購入できる。タルトの「あん」の原料には特にこだわりを持っている、と主張している。

一六本舗大街道本店

直営売店も多数展開しており、本店は大街道商店街と勝山町にある。道後温泉本館前店を含め、道後温泉商店街には2店舗を構える。同じくタルトを主力製品とするハタダが一六本舗よりも先がけて積極的な県外展開を行ったのとは対照的に、「一六本舗」を名乗る小売売店は、松山地区を中心に展開し、東予地区や南予地区への進出は遅れていたが、近年店舗数を増やしている。また、ハタダとは対照的に愛媛県外では、香川県に数店舗を構えるのみである。直営売店では、独自のポイントカードサービスを展開している。

主力商品[編集]

歴史[編集]

以下に沿革を示す[1]

  • 1883年(明治16年)頃 - 玉置貞次郎、ムラ夫妻(玉置泰社長の曽祖父母)が松山市大街道の地(現在の一六本舗大街道本店所在地)に一六本舗を創業
  • 1951年(昭和26年)05月 - 玉置一郎個人経営より有限会社一六を設立
  • 1964年(昭和39年)11月 - 本社社屋ならびに工場を大街道から現在のセブンスター石井店の敷地に新築移転
  • 1968年(昭和43年)10月 - タルトのスライス開始と自動トンネル釜ならびに自動包装機を設置
  • 1972年(昭和47年)02月 - 本社新社屋ならびに工場を松山市東石井1丁目2-20に新築移転
  • 1975年(昭和50年)08月 - 有限会社一六を株式会社一六に改組
  • 1976年(昭和51年)06月 - カステラの自動トンネル釜を設置
  • 1981年(昭和56年)03月 - タルト餡の定量化と餡塗り作業の省略化を図るため、独自の機械を新規に開発、導入
  • 1981年(昭和56年)10月 - ペイストリーパイ等の多層産地の生産性向上のため、MMラインを導入
  • 1984年(昭和59年)08月 - 十六番館を一六本舗のシンボル店として開店
  • 1989年(平成元年)03月 - 株式会社一六を分社化し、株式会社一六本舗(菓子販売)及び株式会社一六(菓子製造)を設立
  • 1994年(平成06年)11月 - 卸センター、外商センター、資材倉庫を本社工場の正面に(新築)移転
  • 1995年(平成07年)07月 - 一六本舗勝山本店を(新築)開店。同時に一六本舗本店を大街道本店と改称
  • 1996年(平成08年)02月 - 株式会社一六(菓子製造)より菓子製造部門を移し、菓子の製造・販売部門を一体化した、新制株式会社一六本舗がスタート。株式会社一六(菓子製造)は、株式会社アイティエムに改称
  • 2006年(平成18年)03月 - 十六番館一六本舗を大幅改装
  • 2008年(平成20年)06月 - 道後温泉本館前に、一六本舗道後本館前店を(新築)開店。2階にはカフェ「一六茶寮」を併設
  • 2009年(平成21年)07月 - 十六番館2階に茶寮十六番館を開店(旧カフェマドレーヌ)平成23年3月初の営業所となる高松営業所を併設
  • 2012年(平成24年)06月 - 一六本舗本社工場ならびに流通センターを松山市東方町に新築移転、稼働開始

CM[編集]

南海放送ラジオのほか、愛媛県内の民放テレビでCMが放映されている。

「タルト」のCMには、株式会社一六本舗玉置泰社長と映画制作のパートナーとなった伊丹十三(愛媛県で高校時代を過ごす)が「もんたかや」と伊予弁で出演している。

また、同社のクリスマスケーキのCMソングである『踊れサンタクロース』は愛媛県の冬の風物詩といっても過言ではなく、愛媛県内のテレビ局で何度か特集が組まれたこともある。

提供番組[編集]

  • ITMグループ提供番組
    • 1616カフェ(南海放送ラジオ)
    • ITM ALBUM COLLECTION HALF&HALF(FM愛媛)

関連企業[編集]

ネッツ愛媛・J Spot新居浜

ITM(ICHIROKU TOTAL MIXTURE)グループ

脚注[編集]

  1. ^ 特記なき場合は公式ウェブサイト(2017年5月24日閲覧)の記述による