一建設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一建設株式会社
HAJIME CONSTRUCTION CO., LTD
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 3268
2009年12月25日 - 2013年10月29日
本社所在地 日本の旗 日本
177-0041
東京都練馬区石神井町二丁目26番11号
設立 1967年2月13日
業種 不動産業
法人番号 5011601000515
事業内容 戸建分譲、マンション分譲、土地分譲、請負工事、その他付随業務
代表者 堀口忠美(代表取締役社長
資本金 32億9,850万円
発行済株式総数 28,562,280株
売上高 連結278,662百万円(2013年1月期)
営業利益 連結25,679百万円(2013年1月期)
純利益 連結16,182百万円(2013年1月期)
純資産 連結71,579百万円(2013年1月)
総資産 連結185,813百万円(2013年1月)
従業員数 連結1,664名(2013年1月)
決算期 1月31日
主要株主 飯田グループホールディングス 100%
(2013年11月1日現在)
主要子会社 住宅情報館株式会社
外部リンク http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
テンプレートを表示

一建設株式会社(はじめけんせつ、英文名称 HAJIME CONSTRUCTION CO., LTD)は、東京都練馬区に本社を置く建設会社(ハウスメーカー)。

概要[編集]

一建設は、バブル時代にプレカット工法が確立するなか、ローコストハウスを提供した先駆的なパワービルダーとして知られる会社である。創業者は飯田一男。スケールメリットを活かして建築コストを徹底的に省いた建売住宅譲に強みをもつ。主力事業の建住宅分譲事ほか、新築分譲マンション、規格型注文住宅を提供している。

関東一都六県及び主要地方都市である仙台、名古屋、大阪、福岡などの人口が多く需要が見込めると判断した地域を中心に事業を展開しており、若年層の一次取得者をメインターゲットとしている[1]

飯田産業東栄住宅タクトホームアーネストワンアイディホームは、いずれも一建設(当時の商号は飯田建設工業)が設立ないし買収して子会社となった会社であるが、その後資本関係は解消され、2013年の経営統合まで事業面での提携は殆ど無かった(1990年代後半までは一建設のマンションをアーネストワンと共同で施工する物件などが存在した)。

2012年12月25日、創業者飯田一男の呼びかけにより、飯田産業・東栄住宅・タクトホーム・アーネストワン・アイディホームと経営統合に基本合意[2]。2013年11月に共同株式移転により持株会社である飯田グループホールディングスを設立し、その完全子会社となった[3][4]

沿革[編集]

  • 1967年昭和42年)2月 総合建築請負業を目的として飯田建設工業有限会社を東京都保谷市富士町四丁目33番16号に設立 出資金100万円
  • 1973年(昭和48年)6月 飯田建設工業株式会社に組織変更
  • 1975年(昭和50年)
    • 7月 宅地建物取引業者免許(東京都知事免許) 第29303号
    • 8月 東京都練馬区南大泉町373番地に本社移転
  • 1976年(昭和51年)
    • 7月 建設業許可 (一般建設業) 東京都知事許可 (般-14) 第3602号
    • 12月 東栄住宅の株式を取得し子会社化
  • 1977年(昭和52年)7月 飯田産業を不動産分譲事業を行う子会社として設立
  • 1981年(昭和56年)5月 伏見建設工業(現在のアーネストワンを総合建築請負業を行う子会社として設立
  • 1985年(昭和60年)1月 宅地建物取引業者免許 建設大臣免許 第3284号
  • 1986年(昭和61年)
    • 5月 タクトホームの株式を取得し子会社化
    • 11月 飯田ハウス工業株式会社(株式所有割合22.2%)、福生建設工業株式会社(同99.4%)、株式会社美栄建設(同52.4%)及び株式会社飯田住宅(同24.7%)を吸収合併
  • 1990年平成2年)
    • 3月 株式会社飯田建設(株式所有割合31.8%)を吸収合併
    • 5月 東京都練馬区石神井町二丁目26番11号に本社移転
  • 1995年(平成7年)
    • 8月 一級建築士事務所登録 第40186号
    • 9月 アイディホームを戸建住宅のアフター工事及び請負事業を行う子会社として設立
    • 12月 住宅性能保証制度業者登録 業者登録番号 10011696
  • 2004年(平成16年)2月 一建設株式会社に社名変更
  • 2009年(平成21年)12月 ジャスダック市場に新規上場
  • 2012年(平成24年)2月 城南建設(現:住宅情報館)株式会社の株式取得 子会社化
  • 2013年(平成25年)
    • 10月 ジャスダック市場上場廃止
    • 11月 株式会社飯田産業、株式会社東栄住宅、タクトホーム株式会社、株式会社アーネストワン、アイディホーム株式会社とともに共同株式移転により飯田グループホールディングス株式会社を設立。その完全子会社となる。
  • 2017年(平成29年)2月 創業50周年を迎える。

提供番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]