一戸務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一戸 務(いちのへ つとむ、1904年8月19日 - 没年不詳(1955年以後))は、日本の作家、中国文学者。

東京生まれ。東京帝国大学支那文学科卒。1929年福田清人那須辰造らと第10次『新思潮』に参加、のち『文藝レビュー』に参加して小説を書く。文部省勤務。戦後、和洋女子大学教授。森鴎外の研究でも業績があった。

著書[編集]

  • 竹藪の家 小説 ボン書店 1935
  • 現代支那の文化と芸術 松山房 1939
  • 南山の雛 支那伝説集 光風館 1942
  • 支那の発見 光風館 1942

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 文藝年鑑1955