一戸才門四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一戸 才門四郎(いちのへ さいもんしろう、1876年明治9年)11月30日[1] - 没年不明)は、日本政治家・青森県西津軽郡中村村長[1]郡会議員[1]篤農家[2]

人物[編集]

青森県西津軽郡中村(現鰺ヶ沢町)の人[1]1901年、中村助役に当選し、1907年、郡会議員に、1908年、中村村長に選挙される[1]。治績顕著のため1913年、同郡長より表彰される[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『青森県名鑑 大正四年特別大演習記念』59頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年11月18日閲覧。
  2. ^ 『大日本篤農家名鑑』451頁(国立国会図書館デジタルコレク井上ション)。2019年11月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 高谷繁太郎、江馬英三郎編『青森県名鑑 大正四年特別大演習記念』青森県行幸記念協会、1917年。