一戸 (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一戸
5532 Ichinohe
仮符号・別名 1932 CY
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
テミス族
発見
発見日 1932年2月14日
発見者 カール・ラインムート
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 3.1201 AU
近日点距離 (q) 2.6870 AU
遠日点距離 (Q) 3.5531 AU
離心率 (e) 0.1388
公転周期 (P) 5.51 年
軌道傾斜角 (i) 1.17°
近日点引数 (ω) 67.61°
昇交点黄経 (Ω) 123.93°
平均近点角 (M) 226.95°
物理的性質
絶対等級 (H) 12.1
■Template (■ノート ■解説) ■Project

一戸(いちのへ、5532 Ichinohe)は小惑星帯に位置する小惑星

1932年、ドイツの天文学者カール・ラインムートハイデルベルク天文台で発見した。

命名[編集]

青森県西津軽郡越水村(現・つがる市)出身の天文学者・科学ジャーナリストの一戸直蔵(1872年 - 1920年)から命名された[1]。一戸は日本で最初の変光星の研究者であると共に、科学雑誌『現代之科学』を創刊して日本における科学ジャーナリズムの先駆けとなった人物である[1]

命名は、M. Hara と S. Sakuma の発案に従い、この小惑星の軌道の再計算を行った中野主一によって提案された[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]