一攫千金!!スーパーマーケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
一攫千金!!スーパーマーケット
ジャンル ゲームバラエティ番組
出演者 小堺一機
ナレーター スーパー・マサ井上和彦
製作
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1991年4月7日 - 9月29日
放送時間日曜 10:30 - 11:00
放送分30分
テンプレートを表示

一攫千金!!スーパーマーケット』(いっかくせんきん スーパーマーケット)は、1991年4月7日から同年9月29日まで日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のゲームバラエティ番組である。放送時間は毎週日曜 10:30 - 11:00 (日本標準時)。

概要[編集]

アメリカのゲーム番組『Supermarket Sweep』を日本向けにアレンジしたもので、参加者たちがスタジオに設けられたスーパーマーケット状のセットでの買い物ゲームに挑んでいた。このセットには、番組スポンサーであるロッテ花王それぞれの商品が置かれていた(花王はスポンサーを務めながらも、提供クレジットへの社名表示を自粛していた[要出典])。勝ち残り方式で、チャンピオンゲームを達成した者には100万円が贈られた。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

ルール[編集]

毎回2人1組のチームが7組出場し(初期には10チーム。芸能人大会の回では4チーム)、商品の金額が分からない状態で商品をショッピングカートに詰め込み、詰め込んだ商品の合計金額を競う。同じ品物は4つまで入れられるが、タバコやインスタントコーヒーのように様々な銘柄のある商品は、銘柄が異なっていても全て同じ品物としてカウントされていた。

予選[編集]

制限時間は30秒。出場チーム全員が同時にスタート、各チームの2人で制限時間内にショッピングカートの中に商品を詰め込む。タイムアップ後にそれらをレジで精算する。なお、タイムアップでスタート地点に戻れなくても失格にはならず、タイムアップ前にショッピングカートに詰め込んだ商品が有効となる(本選も同様)。

合計金額上位3組のチームが本選に進出。3位タイのチームがいた場合には、それぞれ10秒以内に商品を1つ持ってきて、商品の金額が高かったチームが本選に進出。ショッピングカートに詰め込んだ商品は参加賞となり、予選敗退したチームも持ち帰る事が出来る。芸能人大会の回では、敗退チームは観客席へ移動し、収録を観覧しながら100万円を獲得するチームを予想。選んだチームが100万円を獲得したら、特別ボーナス30万円が貰えた。

-時は金なり- タイム イズ マネークイズ[編集]

本選前に行われていたクイズコーナー。本選進出チーム3組に、まず基本となる持ち時間45秒が与えられ、持ち時間を増やすためのクイズに挑戦する。

出題は早押しクイズで、分かった時点でボタンを押す。前半は読み上げ問題で5~6問出題。正解で持ち時間10秒プラス、不正解で持ち時間5秒マイナス。後半は連想クイズで2問出題。正解で持ち時間20秒プラス、不正解で持ち時間10秒マイナス(後に不正解のマイナス10秒は無し)。

本選[編集]

本選では、クイズで獲得した持ち時間の多い順で1チームずつ挑戦。買い物は1人で行い、時間内ならスタート地点に戻って交代もできる。交代する前の挑戦者が同じ商品を4つ入れたとしても、交代した挑戦者が改めて同じ商品を4つ入れても良い。この時、小堺も挑戦者と一緒に同行して実況する。

制限時間内に出来るだけ沢山の商品をショッピングカートに詰め込み、合計金額が最も多かったチームがチャンピオンゲームに挑戦できた。また3チームとも参加賞として、本選と予選で詰め込んだ商品を持ち帰る事が出来る。商品の金額はPOSレジにより、商品を詰め込んだと同時に加算するシステムになっていた(メロンを除く)。

商品の中にはあらかじめ3種類の商品が「地雷商品」として隠されており、その商品を詰め込んでしまうと店内の照明が赤くなってサイレンが鳴り、一旦買物を休止させられた。買い物を再開するには、スタート地点に戻って復帰ボタンがある台に乗り「一攫千金!」とコールし、観客の「スーパーマーケット!!」(後に「100万円!!」)のレスポンスを受けてから復帰ボタンを押す。

また、簡単なイベントをクリアすると高額の商品が得られるエリアも週替わりで3か所用意されていた(ただし挑戦出来るのは、各エリア1チーム1回だけ)。

高級ハム
試食のホットプレートに置かれた一口ハムを全て口に入れたら、高級ハム(15,000円)を獲得。
高級メロン
坂で滑りやすい靴に履き替え、ロープを使って坂を駆け登り、頂上にある「一」「獲」「千」「金」「!!」の5つの紙で蓋をしてあるボックスの中から1つを選択して紙を破り、中に入っている高級メロン(値段は5,000 - 20,000円)を獲得。ただし、スイカ(始めは1個だったが、途中から2個になった)が入っているハズレ(0円)も混ざっていた。なお、選択したボックスはリセットされないので、前の挑戦者が挑戦した場合、以降の挑戦者は選択済みのボックス以外の中から選ぶ事となる。また、メロンの値札にはステッカーが貼られて値段が隠されており、獲得した時点では金額をカウントされず、タイムアップ後にステッカーを剥がし、値段を発表してから金額をカウントしていた。
ロブスター
いけすに入ったロブスター(10,000円)をマジックハンドで掴んで獲得。
高級鯛
いけすに入った鯛(20,000円)を網で掬って獲得。
EMPORIO Tシャツ
ワゴンに入ったEMPORIO Tシャツ(10,000円)を探し出す。

チャンピオンゲーム[編集]

店の中にある商品が答えとなるクイズを出題。制限時間は1分で、最初は小堺が問題を読み上げてスタート。挑戦者2人1組で答えの商品がある売り場へ移動し、裏に問題が貼られている商品を探す。見つけたら問題文を読み、同じ要領で答えの商品がある売り場へ移動し、裏に問題文が貼られている商品を探す。この時、小堺も挑戦者と一緒に同行して実況する。

これを繰り返し、制限時間内に最終問題の答えの商品の裏に貼り付けてある100万円の札束を発見できれば獲得となる。番組スタート時は3問出題されたが、100万円獲得成功者が乱発したこともあり、後に5問出題と問題数を増やして難易度を上げた。だが、問題数の増加で問題を考える時間、移動時間、商品を探す時間が短くなり、焦りからか殆ど失敗となった。その後もルールは変更されて4問出題に落ち着いた。なお、100万円獲得に成功しても、当時の公正取引委員会の規定上、100万円全額貰えず、「予選+本戦の獲得商品合計金額」を差し引いた金額を獲得する。

クイズ開始前には司会の小堺が「あってうれしい!?」とコールし、それに対して観客が「100万円!」とレスポンスし、続けて小堺が「夢の大金!?」とコールすると、観客が「100万円!」と返していた。その後には、小堺が何を言っても観客が「100万円!」と返すお約束事があった(フジテレビ森田一義アワー 笑っていいとも!』のテレフォンショッキングで、タモリが何を言っても観客が「そうですね」と返すのと同じ)。

挑戦者が問題文や100万円を探そうと必死になって商品を乱暴に扱ってしまうと、小堺が「物は大事に扱って下さい」と注意喚起する事がある。また、最後の100万円を探す際、残り時間が少ない事もあり焦って積んである商品を急いで崩すと、勢い余って100万円が貼り付けてある商品も崩して下に落としてしまい、それに気づかず時間切れになってしまう事がある。一方、落ち着いて見ている小堺は100万円が落ちている事に気付いているが、当然教える事は出来ない。

達成できなかった場合には、小堺の師匠である萩本欽一の当たりギャグ「バンザ〜イ、なしよ!」で締めくくっていた。

音楽[編集]

本選のゲーム中に流れる曲はトイドールズ"Wakey Wakey Outro"

日本テレビ系列 日曜10:30枠
前番組 番組名 次番組
中畑&徳光のスポーツ熱中宣言
(1990年9月2日 - 1991年3月31日)
※10:00 - 10:55
一攫千金!!スーパーマーケット
(1991年4月7日 - 9月29日)
キン肉マン キン肉星王位争奪編
(1991年10月6日 - 1992年3月29日)