一月一日 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一月一日(いちげつ いちじつ[要検証])は、元旦にちなんだ歌曲。1892年発表の作詞:稲垣千穎、作曲:小山作之助によるものと、1893年発表の作詞:千家尊福、作曲:上真行によるもの、1916年発表の作詞:葛原しげる、作曲:小松耕輔によるもの3曲があり、1893年発表のものがよく知られている。

稲垣千穎作詞版[編集]

1892年(明治25年)、『小学唱歌 第一巻』にて発表。

歌詞[編集]

年たつけふの大空に ひかりかゞやく日のみかげ
あふがぬ民はなかりけり わが君ちよに萬世(よろづよ)に
とし立つ今日のいへごとに いはひたてたる日のみはた
なびかぬ國はなかりけり 我國千世によろづよに
年たつけふのよろこびに つどふまなびのいへのうち
われらはともに祝ふなり わが師は千世に萬世に
とし立つ今日のよろこびに 集ふ學びのいへのうち
我等はともにいはふなり わが友ちよによろづよに

千家尊福作詞版[編集]

出雲大社神楽殿横に設置されている歌碑

1893年(明治26年)、文部省が発行した「小学校祝日大祭歌詞並楽譜」にて発表された。明治期から戦前にかけて唄われた小学唱歌。フジテレビ系列で新春に放送されていた「新春かくし芸大会」のテーマソングの原曲として有名である。歌い出しから「年の始め」がタイトルだと思っている人が多い。歌詞は千家尊福の項目を参照されたい。

作詞の千家尊福は出雲大社第80代出雲国造であり、出雲大社神楽殿の東側には「一月一日」の歌碑が建っている。

1995年平成7年)に森高千里がシングル「ジン ジン ジングルベル」で、2001年(平成13年)にピチカート・ファイヴがアルバム『さ・え・ら ジャポン』で取り上げている。

葛原しげる作詞版[編集]

1916年(大正4年)、『大正幼年唱歌 第4集』(目黒書店)にて発表された。