一条師良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
一条師良
時代 鎌倉時代中期
生誕 正嘉2年(1258年
死没 永仁元年9月29日1293年10月29日
官位 正二位非参議
主君 後宇多天皇伏見天皇
氏族 一条家
父母 父:一条実経、母:良性娘
兄弟 静厳家経実家、慈信、師良、慈昭、慈玄、頊子忠輔家房、道淳、厳昭、一条内実
テンプレートを表示

一条 師良(いちじょう もろなが)は、鎌倉時代中期の公家関白一条実経の三男。官位正二位非参議

経歴[編集]

正嘉2年(1258年)に一条実経の子として誕生。文永11年(1274年11月18日従三位に叙される。

永仁元年(1293年)に薨去。