一条高能

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
一条高能
時代 鎌倉時代初期
生誕 安元2年(1176年
死没 建久9年9月17日1198年10月19日
官位 従三位参議
主君 後鳥羽天皇土御門天皇
氏族 一条家
父母 父:一条能保、母:坊門姫源義朝の娘)
兄弟 高能信能実雅尊長中院通方室、西園寺公経室、九条良経
松殿基房の娘、糟屋有季の娘
藤原兼光の娘、、四条隆季の娘
能氏頼氏、行能、能継九条基家
テンプレートを表示

一条 高能(いちじょう たかよし)は、鎌倉時代初期の公卿政治家。父は一条能保、母は源義朝の娘・坊門姫源頼朝は伯父にあたる。従三位参議

経歴[編集]

元暦元年(1184年)に叙爵されると、左馬頭右兵衛督蔵人頭などを歴任する。一方で鎌倉幕府からは京都守護に任じられて頼朝の娘・大姫との縁談が進められたが、大姫の拒絶にあい破談となる。後に松殿基房の娘を妻として頼氏を儲けた。また、糟屋有季比企能員の娘婿)の娘との間に能氏四条隆季の娘との間に能継を儲けている。能氏が長男であったが、母親の身分により三男であった頼氏が嫡男とされた。

当時、朝廷の中枢にあった土御門通親は、政敵である九条兼実や彼と結びつく源頼朝と対立関係にあったものの、兼実失脚後は頼朝の鎌倉幕府の権威の増大に対してこれと融和して政権維持を図った。高能の急激な昇進の背景には通親が頼朝との連携を期待したものであったと言われている。

建久7年(1196年)には参議に昇進し公卿となり、翌年には従三位に叙されるが、その翌年に23歳で病死した。

系譜[編集]

関連項目[編集]

先代:
一条能保
一条家
第3代
次代:
一条頼氏