一柳頼欽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
一柳 頼欽
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦3年7月27日1753年8月25日
死没 寛政8年8月15日1796年9月16日
改名 頼恭(初名)[1]
別名 慶次郎、兵庫[1]
戒名 勇義軒殿英山宗俊大居士
墓所 愛媛県西条市の仏心寺山
官位 従五位下、美濃守、兵部少輔
幕府 江戸幕府駿府加番
主君 徳川家治家斉
伊予小松藩
氏族 一柳氏
父母 父:一柳頼寿、母:堅性院
正室牧野惟成の娘
継室一柳末栄の娘・琴松院
側室:謙光院
頼親(長男)、娘(戸田光一正室)

一柳 頼欽(ひとつやなぎ よりよし)は、江戸時代中期 - 後期の大名伊予小松藩の第6代藩主

生涯[編集]

宝暦3年(1753年)、第5代藩主・一柳頼寿の次男として生まれる。母は堅性院。

長兄の一柳頼忠が早世したため、明和7年(1770年)閏6月に世子となった[1]。頼欽の教育のため、竹鼻正脩が侍講に任じられている[2]

安永8年(1779年)8月7日、父の隠居により跡を継ぎ[1]、同年12月に叙任する[1]

藩政においては、その治世中にたびたび火災に見舞われるという災難が続いた。

寛政8年(1796年)8月15日、江戸で死去し、跡を長男・頼親が継いだ。

家族・親族[編集]

はじめ牧野惟成の娘を正室に迎えるが離縁[1]。ついで、同族である小野藩一柳末栄の娘を正室として迎えた[1]

寛政重修諸家譜』によれば3男5女[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『寛政重修諸家譜』巻第六百四
  2. ^ 一柳頼寿”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク所収). 2014年4月13日閲覧。

参考文献[編集]