一梅斎芳峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一梅斎 芳峰(いちばいさい よしみね、生没年不詳)とは、江戸時代から明治時代にかけての大坂浮世絵師

来歴[編集]

歌川芳梅の門人、大坂の人。姓は武部、俗称安兵衛。一梅斎、胡蝶楼、旭亭、玉亭と号す。作画期は安政3年(1856年)から明治10年(1877年)頃にかけてで、作に中判の役者絵のほか、明治に入ると西南戦争に取材した戦争絵を描いている。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年
  • 『上方役者絵集成』(第3巻) 財団法人阪急学園池田文庫、2001年