一橋大学経済研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一橋大学 > 一橋大学経済研究所

一橋大学経済研究所(ひとつばしだいがくけいざいけんきゅうじょ、英称:Institute of Economic Research, Hitotsubashi University)は、東京都国立市にある一橋大学の附置研究所。同大学西キャンパス内に置かれ、経済学の研究を行っている。

概要[編集]

一橋大学経済研究所は、日本経済および世界経済の総合研究を目的として設立され、経済社会データベース群構築や、理論・実証分析政策研究等を行っている。また、共同利用・共同研究拠点として、総務省統計局などと協力し、統計データの提供等を行っている[1][2]

ミクロ統計データの利活用促進活動により、経済研究所社会科学統計情報研究センターが、日本統計学会統計活動奨励賞受賞及び日本統計学会統計活動賞を受賞している[3]

沿革[編集]

略歴[編集]

1940年、東京高等商業学校卒業生の各務鎌吉の奨学寄付金により、東京商科大学附属図書館内に東亜経済研究所が設置され、上田貞次郎が初代所長に就任。上田の急逝後、第2代所長に就任した高瀬荘太郎が、如水会の協力を得て寄付金を募り、研究所支援のため東京商科大学奨学財団を設立[2][4][5]

太平洋戦争開戦後の1942年に、日本初の国立経済研究所として官制化され、南方軍軍政総監部調査部を担当。赤松要が調査部長を務め、石田龍次郎山田勇ら所員が司政官として南方調査に従事し、クリス運動設立に関わった板垣與一など、マレー人工作に関与した者もいた。戦後は、経済研究所と改称し、戦時中治安維持法違反で大学を追放されていた大塚金之助が所長に就任し、組織の再編を行った[2]

1949年、新制一橋大学経済研究所の初代所長に都留重人が就任し、アメリカ経済、ソ連経済、国民所得・再生産、統計学、古典経済の5部門体制となる。1950年、日本経済部門を設置。山田雄三によりなされた国民所得分析の先駆的研究を引き継ぐべく、1957年、ロックフェラー財団の支援を受け国民所得推計研究会が組織され、大川一司がチーフを務め、篠原三代平梅村又次南亮進江見康一石弘光塩野谷祐一藤野正三郎伊東政吉山澤逸平野田孜小野旭らの参加を得て、『長期経済統計』として刊行されるに至った[2][6]

年表[編集]

  • 1940年 - 東京商科大学附属図書館内に東亜経済研究所が設置される[2]
  • 1942年 - 東亜経済研究所が官制となる[7]
  • 1946年 - 経済研究所に改称[7]
  • 1957年 - 産業経営研究部門が一橋大学商学部附属産業経営研究施設として分離[7]
  • 1964年 - 日本経済統計文献センターを設置[7]
  • 1988年 - 日本経済統計文献センターを日本経済統計情報センターに改める[7]
  • 2000年 - 経済制度研究センターを設置[7]
  • 2002年 - 日本経済統計情報センターを社会科学統計情報研究センターに改組[7]
  • 2006年 - 社会科学統計情報研究センターが、日本統計学会統計活動奨励賞受賞[3]
  • 2007年 - 社会科学統計情報研究センターが、日本統計学会統計活動賞受賞[3]。世代間問題研究機構及び[7]ロシア研究センターを設置[8]
  • 2010年 - 共同利用・共同研究拠点に認定。
  • 2014年 - 経済社会リスク研究機構を設置[7]

組織[編集]

  • 経済研究所長
    • 経済研究所運営委員会
    • 教授会
  • 研究部
    • 経済・統計理論研究部門
    • 経済計測研究部門
    • 比較経済・世界経済研究部門
    • 経済制度・経済政策研究部門
    • 新学術領域研究部門
  • 附属施設
    • 社会科学統計情報研究センター
    • 経済制度研究センター
    • 世代間問題研究機構
    • 経済社会リスク研究機構
    • ロシア研究センター
  • 研究支援部
    • 学術出版室
    • 秘書室
    • 大規模データ分析支援室
  • 事務部
    • 事務室
    • 資料室
    • 社会科学統計情報研究センター資料室

関係者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「所長挨拶」一橋大学経済研究所
  2. ^ a b c d e 「経済研究所の沿革」
  3. ^ a b c 「沿革」社会科学統計情報研究センター
  4. ^ 今井賢一「一橋大学の産業経営および情報問題の研究について 」一般社団法人如水会
  5. ^ 「如水会について」一般社団法人如水会
  6. ^ 篠原三代平「一橋の経済学 ― 戦後に重点をおいて ―」社団法人如水会
  7. ^ a b c d e f g h i 「沿革」一橋大学
  8. ^ 「概要」ロシア研究センター