一目人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『唐土訓蒙図彙』(1802年日本)「一目国」より一目人

一目人(いちもくじん)は中国に伝わる伝説上の人種である。古代中国では北方に位置する国に棲んでいたとされる。

概説[編集]

古代中国の地理書『山海経』の海外北経によると、一目国は柔利国の西にあり、一目人は人間の姿をしているが、は顔の真ん中にひとつだけついているという。

『山海経』大荒北経には、一目人たちのは威(い)であり、古代中国の帝・少昊の子孫であるということ、また、キビを食べているということが記されている。人々はこの国を怖がっており、鬼国(きこく)とも呼んでいたという[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 袁珂 著、鈴木博 訳『中国の神話伝説』上、青土社、1993年 378頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]