一目入道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一目入道が棲むといわれる加茂湖

一目入道一つ目入道(いちもくにゅうどう、ひとつめにゅうどう)は、佐渡島新潟県佐渡市)の加茂湖に棲んでいるといわれる妖怪

伝承[編集]

一目入道は加茂湖の主であり、頭上に一つ目を持つ。ある日、一目入道が湖から上がってみると、1頭の馬が繋がれていた。入道は好奇心から馬に跨り、遊び始めた。

そこへ馬主がやって来て、入道は捕らわれてしまった。陸上では入道も手も足も出ず「ご勘弁下さい。その代わりにこれから毎晩、瑠璃の鉤で一貫の鮮魚を捕らえて献上します。但し魚を採るのに必要なので、鉤だけはお返し下さい」と言った。馬主は面白がって約束を受け入れ、入道を放した。

翌朝に馬主が湖へ行ってみると、約束通り取れたての魚が鉤に掛けられていた。馬主は喜び、入道が言った通り鉤を湖へ返し、魚を持ち帰った。こうしたことが何年も続いた。

ある日、馬主は悪い考えを起こし、約束を破って鉤を返さずに持ち帰った。すると入道は魚を貢がず、それどころか毎年正月15日に馬主の家を襲うようになった。馬主は一晩中念仏を唱え、危機を免れようとした。こうして入道の祟りが無くなった頃、馬主は観音堂を建て、本尊の白毫(びゃくごう。仏の眉間にあって光を放つという白い毛)に入道の鉤をはめた[1]

解説[編集]

上記の伝承は、中野城水『伝説の越後と佐渡』(初版・1923年)[2]および、それを参考に編集された巌谷小波による説話大百科事典『大語園』の該当項目によるものだが、馬主は約束を破って以降の顛末は、以下のような別説もある。

  • 馬主は約束を破って鉤を返さず、商人に大金で売り払った。すると入道は毎年正月に馬主の家を襲うようになった。馬主は一晩中念仏を唱えて危機を免れようとしたが、そのために狂死して一家は絶えてしまった。入道の祟りを恐れた村人たちが観音堂を建てて馬主の霊を供養し、ようやく入道は現れなくなった[3]
  • 馬主は約束を破って鉤を返さずに持ち帰り、観音堂の本尊の白豪に入道の鉤をはめた。すると入道は毎年正月に馬主の家を襲うようになった。そのために観音堂を守る家では、その日の夜は仏前で一晩中祈祷を行い、観音堂の境内では村の青年たちが護衛を務めることになった。16日朝になると一目入道たちは、彼らを前にして退散して行くのだという[4][5]

新潟県両津市潟端の中野浦観音堂では、1月16日に「目一つ行事」といって、堂をのぞき込む入道から本尊の観音を守るため、男衆が堂にこもり、大声や物音で入道を追い払う行事がある[6]

文献上の名称の錯誤[編集]

もっとも古い文献である『伝説の越後と佐渡』では「一つ目入道」[2]、また新潟県出身の郷土史家・小山直嗣も著書において「一つ目入道」[7]と表記しており、「ひとつめにゅうどう」という名称は文献上では初期から一貫している。いっぽう、『大語園』では「一目入道」とのみ表記されており、読みを「いちもくにゅうどう」とし、50音配列の同書上で「い」の部に組み込んでしまっている[1]。後者のみを参考資料として、読みを「いちもくにゅうどう」としている文献[8]も多く見られ、文献上での錯誤が発生している事態も散見される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 巌谷小波編 『「説話」大百科事典 大語園』第1巻、名著普及会、1978年、377-378頁。
  2. ^ a b 中野城水『伝説の越後と佐渡』文章院 1924年 47-49頁
  3. ^ 小山直嗣 『新潟県伝説集成 佐渡篇』 恒文社、1996年、25-26頁。ISBN 978-4-7704-0854-9。
  4. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、285頁。ISBN 978-4-620-31428-0。
  5. ^ 加茂湖の主とされた一目入道”. 『怪』-KWAI Network-. 角川書店. 2009年7月4日閲覧。
  6. ^ 佐渡・歴史文化資源データベース (Microsoft Excel)”. さどWeb商人. 2009年7月4日閲覧。
  7. ^ 小山直嗣『越佐の伝説』野島出版 1967年 416-417頁
  8. ^ 水木しげる『決定版日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様』 講談社講談社文庫) 2014年 「一目入道」79頁