一色直温

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一色 直温(いっしき なおあつ、生没年不明)は、江戸時代末期(幕末)の旗本。一色直頂の子。官位は従五位下山城守のち摂津守。通称は邦之輔。

来歴[編集]

天保14年(1843年)11月に小納戸、同年12月小姓に。弘化2年(1845年)6月使番嘉永5年(1852年)5月目付(御勝手掛、海防掛)となり、安政元年6月の幕政改革において積極的に改革実行の意見を具申して軍制改正御用掛を命ぜられた。安政4年大目付土岐頼旨井戸覚弘・目付鵜殿長鋭とともに琉球人参府用掛に任命された[1]。安政5年(1858年)2月堺奉行、同年9月大坂町奉行と歴任し、万延2年(1861年)1月勘定奉行に昇進。同年10月外国奉行となり、文久2年(1862年生麦事件の後処理に関して英国代理大使ニールの元に津田正路とともに派遣されたが、ニールは交渉に応じず老中宛の抗議文を渡された。同年12月に再び勘定奉行となる。文久3年一橋家家老となり、元治元年(1864年)6月大目付となり、同年7月書院番頭となり、元治2年1月辞職し寄合となるが、慶応2年12月製鉄所奉行慶応4年(1868年)閏4月に江戸幕府の終焉とともに御役御免となった。

参考文献[編集]

  • 柳営補任
  • 明治維新人名事典(日本歴史学会、1981年)

脚注[編集]

  1. ^ 『幕藩制国家の琉球支配』紙屋敦之著、1990年、P272